ケイト・ブッシュ、『ストレンジャー・シングス』効果でストリーミングでの人気再燃 | Numero TOKYO
People / Post

ケイト・ブッシュ、『ストレンジャー・シングス』効果でストリーミングでの人気再燃

©Bang Media International
©Bang Media International


ケイト・ブッシュが、Spotifyの今年の夏の再生曲ランキングを席巻した。ネットフリックスのドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン4で使われた1985年の曲『神秘の丘』が、イギリスで4,500万回再生でトップ、世界中で9,000万人が新たにケイトの曲を聴いたという。
 
Spotifyはプレスリリースでこう発表している。「イギリスのリストのトップは他ならぬケイト・ブッシュ、彼女の1985年の曲『神秘の丘』がイギリス人によって4500万回以上再生されました。『ストレンジャー・シングス』の裏側の世界への入り口さながらにです」「ネットフリックスの番組のヒットのおかげでケイト・ブッシュの曲が全く新たな世代へ開かれたのです。イギリスだけでなく、アメリカではこの曲を初めて再生した人が7825%増加、世界中で9,000万人の新たなリスナーが生まれました」
 
また、今年の夏に世界中で最も再生された曲はハリー・スタイルズの『アズ・イット・ワズ』で、5月のカウント開始から再生回数6億1,000万回を記録した。「世界中で今年の夏に再生された曲ランキング」でハリーは首位となった同曲以外にも『レイト・ナイト・トーキング』が13位に、ケイトの『神秘の丘』は2位につけている。
 

そして「イギリスの今年の夏に再生された曲ランキング」では他にもビヨンセの最新シングル『ブレイク・マイ・ソウル』が7位、グラス・アニマルズの『ヒート・ウェーブ』が6位、ハリーの『レイト・ナイト・トーキング』が5位、リゾの『アバウト・ダム・タイム』が4位、エルエフ・システムの『アフレイド・トゥ・フィール』が3位となった。
 
一方「世界中の今年の夏に再生された曲ランキング」は『アズ・イット・ワズ』、『神秘の丘』に続き、バッド・バニーの『ミー・ポルト・ボニート』がベスト3を締めた。
 
 
 

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する