三谷幸喜×草彅剛×香取慎吾『burst!~危険なふたり~』10月より上演! | Numero TOKYO
Culture / Post

三谷幸喜×草彅剛×香取慎吾『burst!~危険なふたり~』10月より上演!

これまで、テレビドラマ、映画、舞台と、さまざまなジャンルで共に作品を作り上げてきた3人が、舞台『burst!~危険なふたり~』で集結する。 現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本執筆を終えた三谷幸喜が、脚本・演出を担当。そして、草彅剛香取慎吾による2人芝居という、楽しみすぎる顔ぶれ!

2022年10月1日(土)から26日(水)まで、日本青年館ホールにて上演される。なお、本作『burst!~危険なふたり~』の初演は2015年。同じメンバーでの7年ぶりの上演となる。

三谷幸喜の作や演出で、草彅と香取は多くの作品に出演している。
少しふりかえってみると、1999年、三谷が脚本を手がけたフジテレビ系テレビドラマ『古畑任三郎 VS SMAP』に草彅と香取が出演。映画ではそれぞれ『THE有頂天ホテル』(香取)、『ステキな金縛り』(草彅)などに出演。舞台では2015年の『burst!~危険なふたり~』で共演している。 香取と三谷のタッグは、舞台では『TALK LIKE SINGING』、『日本の歴史』など。2020年には、アマゾンプライムの配信ドラマ『誰かが、見ている』でも話題に。

20年以上にわたり、さまざまな作品をつくりあげてきた3人。上演に挑むにあたり、コメントが寄せられた。


「大好きな三谷幸喜さんの頭から生まれた言葉たちで、大好きな俳優 草彅剛さんとburst!します。再び。」(香取慎吾)


「慎吾ちゃんとまた2人芝居できるのは嬉しいです。2人ならではのburst感を三谷さんが作ってくれました。張り切りマッスル!」(草彅剛)


「大好きな作品の再演。一番楽しみにしているのは僕かもしれません。だってこんなに芝居がうまくて、こんなに格好良くて、こんなに仲のいい役者が揃った二人芝居って、そうはないですから。」(三谷幸喜)

7年を経た、2022年の『burst!~危険なふたり~』。それぞれに活躍の幅を広げている彼らの最新形は、ぜひ劇場で。お楽しみに!

『burst!~危険なふたり~』
日程/2022年10月1日(土)~26日(水)
会場/日本青年館ホール
脚本·演出/三谷幸喜
出演/草彅剛 香取慎吾
チケット料金/S席 12,500円、A席 7,500円
一般発売/2022年9月3日(土)10:00~(予定)
新しい地図NAKAMA先行受付/2022年8月11日(木·祝)~(予定)
URL/burst-2022.com

※詳細は追って公式ホームページ等でお知らせします。
※価格は税込です。

Text: Hiromi Mikuni

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する