パンデミック以降の時代を考える展覧会@森美術館 | Numero TOKYO
Art / Post

パンデミック以降の時代を考える展覧会@森美術館

『ヘーゼルナッツの花粉』を展示するヴォルフガング・ライプ、豊田市美術館(愛知) 2003 年 Courtesy:ケンジタキギャラリー(名古屋、東京) 撮影:怡土鉄夫 ※参考図版
『ヘーゼルナッツの花粉』を展示するヴォルフガング・ライプ、豊田市美術館(愛知) 2003 年 Courtesy:ケンジタキギャラリー(名古屋、東京) 撮影:怡土鉄夫 ※参考図版

東京・六本木の森美術館にて、「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」が開催中。国内外のアーティスト16名による約140点の作品を紹介するとともに、パンデミック以降の新しい時代を「よく生きること」について考えるきっかけを与える。

ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳) 『子宮とダイヤモンド』(部分) 2021年 手吹きガラス、鏡、ダイヤモンド 300 × 600 cm 展示風景:「ツァイ・チャウエイ:子宮とダイヤモンド」リブ・フォーエバー財団(台中) 2021 年
ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳) 『子宮とダイヤモンド』(部分) 2021年 手吹きガラス、鏡、ダイヤモンド 300 × 600 cm 展示風景:「ツァイ・チャウエイ:子宮とダイヤモンド」リブ・フォーエバー財団(台中) 2021 年

新型コロナウイルス感染症の世界的拡大が起こり、生活や心境に大きな変化を与えた昨今。こうした状況下、現代アートを含むさまざまな芸術表現に改めて注目が集まっている。本展では、パンデミック以降の新しい時代をいかに生きるのか、心身ともに健康である「ウェルビーイング」とは何か、現代アートに込められた多様な視点を通して考えるという。

ロベール・クートラス 『僕の夜のコンポジション(リザーブカルト)』 1970 年 油彩、ボール紙 約12 × 6 cm(各) 撮影:内田芳孝+岡野圭、片村文人
ロベール・クートラス 『僕の夜のコンポジション(リザーブカルト)』 1970 年 油彩、ボール紙 約12 × 6 cm(各) 撮影:内田芳孝+岡野圭、片村文人

美術館ならではのリアルな空間での体験を重視し、インスタレーション、彫刻、映像、写真、絵画などさまざまな表現での作品が集う。本展タイトルでもある「地球がまわる音を聴く」など、想像力を掻き立てるようなインストラクションを集めたオノ・ヨーコの『グレープフルーツ』や、催眠術を用いて言語に頼った人間の認識の脆弱性を明らかにしながら、心の回復の可能性を考察する小泉明郎の新作映像、鑑賞する人に呼吸を整え瞑想する空間を与えるモンティエン・ブンマーのインスタレーションなど、16名による約140点の作品が公開。
自然と人間、個人と社会、家族、繰り返される日常、精神世界、生と死など、生や実存に結びつく主題の作品が、私たちに「よく生きること」の考察を促す。

「パンデミック以降をいかに生きるか?」という複雑で広大な問いに対し、作品たちに託された豊かな想像力を借りることで「生きることとは何か」という人間の本質についても考えたい。会期は11月6日(日)まで。

ギド・ファン・デア・ウェルヴェ 『第9番世界と一緒に回らなかった日』 2007年 ハイビジョン・ビデオ・インスタレーション 8分40秒 Courtesy: Monitor Gallery; Grimm, Amsterdam; Luhring Augustine, New York 撮影:ベン・ゲラーツ
ギド・ファン・デア・ウェルヴェ 『第9番世界と一緒に回らなかった日』 2007年 ハイビジョン・ビデオ・インスタレーション 8分40秒 Courtesy: Monitor Gallery; Grimm, Amsterdam; Luhring Augustine, New York 撮影:ベン・ゲラーツ

 ※掲載情報は7月8日時点のものです。
 開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」
会期/2022年6月29日(水)〜11月6日(日)
会場/森美術館
住所/東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53 階
開館時間/10:00-22:00(火曜日のみ17:00まで)※入館は閉館時間の30分前まで
料金/一般1,800円(土日祝2,000円)、学生(高校・大学生)1,200円(土日祝1,300円)、子ども(4歳〜中学生)600円(土日祝700円)、シニア(65歳以上)1,500円 (土日祝1,700円)※専用オンラインサイトからの日時指定券、割引あり
URL/www.mori.art.museum

Text:Akane Naniwa

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する