動物写真家の真骨頂「岩合光昭写真展 パンタナール」 | Numero TOKYO
Art / Post

動物写真家の真骨頂「岩合光昭写真展 パンタナール」

ジャガー ©︎Mitsuaki Iwago
ジャガー ©︎Mitsuaki Iwago

動物写真家・岩合光昭の本格的野生動物ドキュメンタリー写真展が、東京・恵比寿の東京都写真美術館にて開催。世界最大級の熱帯湿地「パンタナール」で撮影した、岩合の真骨頂をぜひご覧あれ。

野生動物の息吹を感じる写真で世界的に高く評価されている、動物写真家の岩合光昭。なかでも半世紀以上続けているネコの撮影で知られ、著書も多数持つ。

パラグアイカイマン ©︎Mitsuaki Iwago
パラグアイカイマン ©︎Mitsuaki Iwago

本展タイトルにある「パンタナール」は、南米大陸中央部に位置する世界最大級の熱帯湿地のこと。大部分はブラジルに広がり、一部がボリビアとパラグアイにまたがった広大な土地だ。世界遺産にも登録されているこの大湿原は、多彩な野生動物が息づく世界屈指の生命の宝庫とも呼ばれている。

2015年から3年半の間に、5回にわたり同地の撮影取材を行い、ジャガーをはじめ、オオカワウソ、パラグアイカイマン、カピバラなど多種多様な野生動物たちの生態に迫り、活写した岩合。本展では、この取材で撮影された迫力ある100点以上の作品を公開する。長年の念願が叶い撮影することができたというドキュメンタリー写真は、野生動物写真家の真骨頂とも言えるだろう。お見逃しなく。

ピラプタンガ ©︎Mitsuaki Iwago
ピラプタンガ ©︎Mitsuaki Iwago

※掲載情報は6月6日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「岩合光昭写真展 パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原」
会期/2022年6月4日(土)〜2022年7月10日(日)
会場/東京都写真美術館 地下1階展示室
住所/東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間/10:00〜18:00(木・金曜は20:00まで)※入館は閉館30分前まで
休館日/月
料金/一般¥800、学生¥640、中高生・65歳以上¥400
TEL/03-3280-0099
URL/www.topmuseum.jp

Text:Akane Naniwa

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する