カニエ・ウェスト、5人目の担当弁護士が辞任 | Numero TOKYO
People / Post

カニエ・ウェスト、5人目の担当弁護士が辞任

カニエ・ウェスト(Kanye West)の裁判を担当していた弁護士が辞任した。2か月前に、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)との離婚裁判におけるイェことカニエの弁護の任務を引き受けたサマンサ・スペクター氏、クビにされたクリス・メルヒャー氏に代わり同件の5番目の弁護士となっていたものの「依頼人との関係が修復不可能」となっていたそうだ。

ドクター・ドレーとの離婚に関してニコール・ヤングの弁護を担当していたスペクター氏だが、『エンターテイメント・トゥナイト』が入手した辞任の申請書類によると、カニエに契約終了の文書を送達後、メールや郵便、引き継ぎの弁護士デボラ・ホン氏を通して本人と連絡を取り合っているそうで、「弁護士(スペクター)は、イェの弁護の担当が決まり、彼への全てのコミュニケーションを受け取るMsホンと連絡を取り合っているところです」と記されている。

キムが法的にシングルとなった2日前にメルヒャー氏をクビにしていたカニエ、当時メルヒャー氏とカニエは全くコミュニケーションがなく断絶状態だったそうで、キムとよりを戻したいと話したかと思えば、争いを繰り広げたいとするなどカニエは扱うのが難しい顧客のようだ。

ちなみにカニエはキムとの離婚騒動から距離を置こうとしているとして、以前ある関係者は「カニエはここのところ大人しくして、癒しに集中しています。キムとの間の騒ぎから離れようとしています」と話していた。また、自分のことや家族を大事にすることをカニエは一番に考えようとしているとして、「今は自分を気遣い、より健康的な生活を送ることに集中し、クレイジーなことの数々から抜け出そうとしているんです。彼は家族と子供のことを心から大切にしています」と続けた。

 

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する