ジェニファー・ローレンス、トイレでインタビューされるという夢が叶った!? | Numero TOKYO
People / Post

ジェニファー・ローレンス、トイレでインタビューされるという夢が叶った!?

ジェニファー・ローレンスは、トイレに座っている時にエレン・デジェネレスからインタビューされることにより子供の頃の夢が叶ったという。有名になる前はトイレに入るたびに番組ホストからインタビューされることを妄想していたというジェニファー。もうすぐ番組終了を迎える『エレンの部屋』でそれが現実となった。

エレンは、「番組が終わるから、人々からすごく優しいメッセージが沢山送られてきているの」「その中の一人はジェニファー・ローレンスで、自慢するわけじゃないけど、私達は近くに住んでいて、彼女はケンタッキーに住んでいた子供の頃、トイレに座りながら私からインタビューされているフリをしていたから番組が終わるのがとても悲しいって言っていたわ」「だから、それをせずにはこの番組を終了できないと思ってね。彼女に電話するわ。彼女は今トイレに座っていて、今から電話してインタビューするのよ」と説明した後、第1子を迎えたばかりのジェニファーに電話をかけた。

電話をとったジェニファーは、子供の頃、トイレの時間にエレンやオプラ・ウィンフリー、デイヴィッド・レターマンなど有名番組ホストにインタビューされることを妄想していたことを認め、「トイレで何年も過ごしたわ。私はあなたの番組が大好きで、ナンバー2の時、ほとんどの場合あなただった。光栄ね。今の私を見て!」「私はここで強い願いを込めたの。これがレッスンかもね。時間をかけて、急がずにってね」「あなたの番組は私が13歳ぐらいの時に始まったから、13歳から17歳まで(そうしていた)。トイレの上で過ごした私の形成期」と語った。

また同インタビューでは、ジェニファーが以前エレンが暮らしていたカリフォルニア州の家に現在住んでいるばかりか、その家がエレンの家の隣にあることが明らかになっていた。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する