クリステン・スチュワート、新作ロマンチックスリラー出演へ | Numero TOKYO
People / Post

クリステン・スチュワート、新作ロマンチックスリラー出演へ

クリステン・スチュワート(Kristen Stewart)が新作映画『ラブ・イズ・ブリーディング』に出演する。

©Bang Media International
©Bang Media International
サイコホラー『セイント・モード/狂信』で話題のローズ・グラスが監督を務めるロマンチックスリラー作では、成功に向けて熾烈な戦いが繰り広げられる女子ボディビル界が描かれる。 その中でクリステンは、女性ボディビルダーの恋人を守ろうとする主役の1人を演じることになるようだ。

現段階での関係者の話では、グラスとウェロニカ・トフィルスカが脚本を共同執筆した新作では、エゴや欲望、アメリカンドリームなどに掻き立てられたロマンスをテーマにした作品になるようで、主役のキャスティングが進められているところだという。

そんな新作も決定したクリステンは、ダイアナ元妃を演じた『スペンサー ダイアナの決意』で今年度のアカデミー主演女優賞にもノミネートされていた。

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する