「エルメスのpetit h――プティアッシュ」が開催!遊び心あふれるオブジェが大阪に集結 | Numero TOKYO
Fashion / News

「エルメスのpetit h――プティアッシュ」が開催!遊び心あふれるオブジェが大阪に集結

ⒸEugenia Sierko
ⒸEugenia Sierko

エルメス(HERMÈS)は2023年4月29日(土)~5月18日(木)まで、使われず埋もれかけた素材に命を吹き込み生まれたユニークなオブジェが集結する「エルメスのpetit h――プティアッシュ」を大阪中之島美術館で開催。それに先駆け、4月14日(金)に、事前予約制となる販売エリアの予約受付を、4月21日(金)には、こども向けワークショップの予約受付をエルメス公式サイトでスタートする。

今回のイベントタイトルにもなっている“petit h”とは、エルメスに2010年に誕生したメチエ(部門)。 現在は、クリエイティブ・ディレクターのゴドフロワ・ドゥ・ ヴィリユーのもと、「さかさまのクリエーション」と呼ばれるものづくりを実現している。

ⒸCharly Gosp
ⒸCharly Gosp

この“さかさま”は、通常とは“逆”の製作プロセスに所以するもの。レザーやシルク、クリスタル、陶器、馬の毛、金属など、他のメチエで使われなくなった素材を、職人、アーティスト、デザイナーがあらゆる方法で組み合わせ、調整し、製作するうちに、思いもよらない形と素材の出会いが生まれていく。

ⒸCharly Gosp
ⒸCharly Gosp

大阪中之島美術館の展示エリアでは、驚きと遊び心に溢れた新たなオブジェを展示。会場の空間デザインは、長年に渡り“petit h”の活動に関わってきたアーティストの河原シンスケが手掛けた。

ⒸCharly Gosp
ⒸCharly Gosp

光が注ぎ込むスペースでは、大きな鯉のぼりが来場者をお出迎え。その中は“petit h”のアトリエさながらパーツや生地を並べた素材庫に。さらに鯉のぼりの周りでは、オブジェの数々とクリエーションのプロセスが紹介され、カエルやウサギといった動物たちが案内役として“petit h”の世界へと誘ってくれる。

ⒸCharly Gosp
ⒸCharly Gosp

さらに1階ホールには、販売エリア(入場無料・要予約)、2階の芝生広場にはpetit hカフェも登場。会期中は、ユニークなものづくりを体験できる子ども向けのワークショップ(要予約)も実施される。

ⒸCharly Gosp
ⒸCharly Gosp

フランスの卓越したクラフトマンシップと日本の洗練の極みから生まれた“petit h”のクリエーションを、大阪のための特別な空間で、ぜひ体感して。

「エルメスのpetit h――プティアッシュ」
会期/4月29日(土)~5月18日(木)
※定休日:5月8日(月)、5月15日(月)
場所/大阪府大阪市北区中之島4-3-1 大阪中之島美術館
※展示エリアは混雑状況により入場制限の可能性あり
※petit hカフェは天候により中止の可能性あり
URL/https://www.hermes.com/jp/ja/story/192546-petit-h-event/

Text:Anri Murakami

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する