水曜日のカンパネラの詩羽がmightのコラボ相手に! 連載「girl meets …」 | Numero TOKYO
Culture / Post

水曜日のカンパネラの詩羽がmightのコラボ相手に! 連載「girl meets …」

Numero.jpで連載中のアートレーター、might(マイト)。シンガーソングライターの崎山蒼志に続き、水曜日のカンパネラの詩羽(うたは)を第二弾のコラボ相手に迎えて、連載「girl meets …」第二章がスタートする。

詩羽(水曜日のカンパネラ)
詩羽(水曜日のカンパネラ)

mightは、シンガー・ソングライター和ぬかによる楽曲「寄り酔い」のMVにてイラストを手がけるなど注目を浴びる新進気鋭のクリエイター。イラストレーターとアーティストのどちらでもありながら、どちらでもないとして“アートレーター”を名乗っている。今となっては多くのファンを持つ彼女だが、いち早く彼女の才能に目をつけたのはアーティストで編集者の米原康正(現在発売中の3月号もチェック!)。ヌメロ・トウキョウ創刊時の連載メンバーである彼との縁で、Numero.jpにて昨年11月に月イチ連載がスタート。

シンガーソングライターの崎山蒼志に続いて、mightがコラボを熱望したのが詩羽だ。詩羽といえば2021年9月、コムアイの脱退後、水曜日のカンパネラの2代目主演/歌唱担当に就任した話題のアーティスト。新体制後の初の主催イベントのチケットは数分でSOLDOUTするなど、注目度は抜群。唯一無二の世界観に夢中になる人が続出している。

本誌連載「イラストレーターが表紙を描いたら…」にてmightが描いた作品。2021年12月号掲載。©️might
本誌連載「イラストレーターが表紙を描いたら…」にてmightが描いた作品。2021年12月号掲載。©️might

might×詩羽による連載初回は、2月17日(木)18:00に公開予定。新しい才能を持った二人が紡いでいく連載「girl meets …」、そして二人それぞれの今後の活躍もぜひ注目してください!

Text:Sayaka Ito

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する