Art / Post

音楽家・OLAibiの写真と音からなる展示を開催

音楽家・OLAibi(オライビ)の初個展が、東京・六本木にあるCLEAR GALLERY TOKYOにて開催。森に住まい、音楽を奏でるOLAibiの姿を捉えた写真と、音によるインスタレーションが展開される。12月26日(日)まで。

広大な森に暮らし、年月をかけて森を観察しながら森の生物の生態と音を録り続けているOLAibi。さまざまな国、民族の言語をすべてカタカナに置き換え、語感と言霊を頼りにリリックを綴り、そこにドラムや民族楽器、おもちゃのキーボードなどをサンプリングしたビートと、森の音を織り重ねたパフォーマンスを行なっている。

彼女がかねてより惹かれていたという「泥」に入り込んだ姿を、写真家・松原博子が撮影。泥をまとうOLAibiの身体にひろがる文様は、画家・ミロコマチコが描いたもの。本展では松原が捉えたOLAibi の姿とともに、彼女にとっての自然から採取したホワイトノイズを「栽培」し、紡いだ音のインスタレーションを展開する。栽培されたホワイトノイズは、日々会場内で増殖し、変容していくことだろう。

なお、会期終盤となる12月25日、26日は、各会30名限定でライブパフォーマンスも行われる予定(要予約)。ホワイトノイズの重なりに満ちたインスタレーションごと表現するパフォーマンスとなるという。本展に合わせ、新曲『聴こえない馬』のサウンド&フォトブックも販売だ。こちらも合わせてお見逃しなく。

 ※掲載情報は12月9日時点のものです。
 開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。


OLAibi Sound & Photo Exhibition
「聴こえない馬」

会期/2021年12月12日(日)〜26日(日)
会場/CLEAR GALLERY TOKYO
住所/東京都港区六本木7丁目18-8岸田ビル2F 
時間/13:00〜20:00(12月25日、26日は17:00まで)
休館日/月曜
TEL/03-3405-8438
URL/cleargallerytokyo.com

Text:Akane Naniwa

Magazine

520_表紙

MARCH 2022 N°154

2022.1.28 発売

Culture Call !

ガールズカルチャー最前線

オンライン書店で購入する