Art / Post

感性そのものを描き出す松岡亮個展「暇で育つ。」が開催

自身の感性を作品に表し、アートやファッションなど多方面で注目を集めるアーティスト・松岡亮。東京・渋谷にあるRAYARD MIYASHITA PARK内のギャラリー、SAIにて個展が開催中だ。

自身のマインドに宿すイメージを、ペインティングや刺繍、インスタレーションへと表現してきた松岡亮。10代の頃よりライフワークの中で絵を描くことに率直に向き合い、絶えず作品を制作し続けてきた。そんな松岡自身の生活の中で、感性の一部を切り取ったかのような純粋で力強い表現は、まるで作家本人の生きる姿を浮き彫りにしたかのようである。

そのほかヨウジヤマモトとのコラボレーションや、小説家・ポール・オースターの作品に表紙画提供、ルイ・ヴィトン メゾン大阪御堂筋店舗内を飾るアーティストにも選ばれるなど、さまざまな活動で注目を集めているアーティストだ。

松岡自身最大規模となる本展では、すべて新作が公開。およそ15メートルの壁面を覆う刺繍作品や、ペインティング作品まで、豊かな色彩による作品が空間に広がるという。

一見捉え難い抽象芸術を、見たままの美しさで楽しませる松岡の作品。感性おもむくままに楽しんでみては。

※掲載情報は11月26日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

松岡亮 個展「暇で育つ。」
会期/2021年11月26日(金)〜12月26日(日)
会場/SAI
住所/東京都渋谷区神宮前 6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK South 3F
時間/11:00 – 20:00
TEL/03-6712-5706
URL/www.instagram.com/sai_miyashita/

Text:Akane Naniwa

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する