People / Post

ジェニファー・ローレンス、子供のプライバシーは必死に守る!

©Bang Media International
©Bang Media International

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)は、生まれてくる赤ちゃんのプライバシーを守るために必死だそうだ。

夫クック・マロニーとの間に第一子を妊娠中のジェニファー、子供の存在をできるだけコントロールしたいと明かしている。

「ディナーパーティーの席で、もし誰かが『あら、赤ちゃんができたのね』と私に言って来たら、『そのことは話せないわ!放っておいて、このサイコ!』ってなるわね」「私の体の中のあらゆる本能が、一生をかけて出来る限りプライバシーを守りたいし、誰もがこの子の存在を歓迎していると思って欲しくない。それは、私のこの役割に彼らを含めないことから始まるような気がする」と、ジェニファーはヴァニティ・フェア誌に語る。

一方、2019年に結婚したジェニファーは、夫のクックとシンプルなことを楽しんでいるそうで、「彼と一緒に食料品店に行くのは本当に楽しい。なぜだかわからないけど、それが私を喜びで満たしてくれる。多分、それが結婚のメタファーのようなものだからだと思う」と話している。

そんなジェニファーは、来月公開予定のブラックコメディ映画『ドント・ルック・アップ』で2年ぶりに映画界に復帰するが、視聴者が自分の役に「うんざり」し、それが商業的にも批評的にも表れていた為この休養が必要だったと考えているという。「私は必要なクオリティを提供できていなかった」「誰もが私に飽きていたんだと思う。私も自分にうんざりしていた。何をやってもうまくいかない状態になっていた。私がレッドカーペットを歩けば、『なぜ彼女は走らなかったんだ?』と言われてしまう。私は人生の大半を人を喜ばせることに費やしていたんだと思う」

 

Photo: Bangshowbiz

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する