Art / Post

ミッキーマウスを愛する世界各地のアーティストが参加! 「Mickey Mouse Now and Future」展を開催

ミッキーマウスを愛する世界各地のアーティストたちによる「Mickey Mouse Now and Future」展が12月19日(日)まで渋谷PARCO 4F「パルコミュージアムトーキョー」にて開催される。“ファンの集い”をテーマに、現在と未来を表現したアート・コラボレーション・プロジェクトとなっており、渋谷の現代アートギャラリーNANZUKAがキュレーションを担当。

本展には、スペイン出身マラガ在住のハビア・カジェハ、韓国出身NY在住のユーン・ヒュップ、イギリス出身のジェームス・ジャービス、長野県在住の中村哲也、イギリス出身ロサンゼルス在住のオリバー・ペイン、アメリカ出身のダレン・ロマネリ、東京在住の空山基、田名網敬一、Haroshi、Yoshirottenが参加し、それぞれが思い描くミッキーマウス作品を出展している。

(左)ダレン・ロマネリ(中央)ジェームス・ジャービス(右)ハビア・カジェハ

(左)田名網敬一(中央)Haroshi(右)空山基

ミッキーマウスは、現在もなお世界中の人々にインスピレーションを与え、唯一無二の存在として愛されているキャラクターだ。展覧会に参加する田名網敬一は子供の頃、映画館で『蒸気船ウィリー』を鑑賞。「それまで静止画の漫画しか観たことがなかった私は、軽快に動きまわるミッキーマウスに驚愕し、非常口の薄明かりの下でミッキーの姿をノートに描き写した」 と話している。

開催期間に合わせて、空山基とハビア・カジェハがそれぞれ制作したミッキーマウスの大型立体作品がパブリックアートとして渋谷PARCO 1Fに登場。

(左)空山基(右)ハビア・カジェハ

本展覧会のために制作された各アーティストの作品を元にアパレルや雑貨商品も販売される。

アーティスト目線で描かれた新たなミッキーマウスの魅力が発見できる展覧会に、ぜひ足を運んでみて。

Mickey Mouse Now and Future
会場/PARCO MUSEUM TOKYO 渋谷PARCO 4F(東京都渋谷区宇田川町15-1)
期間/2021年11月19日(金)〜12月19日(日)11:00-20:00
※入場は閉場の30分前まで。※最終日18時閉場。
※営業日時は感染症拡大防止の観点から変更となる場合がございます。
入場料/一般 1,000円 小学生以下 無料
TEL/03-6455-2697
URL/art.parco.jp/museumtokyo/detail/?id=759

Text:Risa Yamaguchi

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する