Culture / Post

角川映画祭はじまる! 初公開『犬神家の一族』4K修復版&圧巻の31作品

角川映画45周年を記念して「角川映画祭」が2021年11月19日(金)よりテアトル新宿ほかで、全国順次開催される。注目は、世界初披露となる4Kデジタル修復版の『犬神家の一族』(76年)。さらに角川映画の選りすぐりの31作品が劇場で上映される。

1976年の『犬神家の一族』の大ヒットからはじまった「角川映画」。「読んでから見るか、見てからよむか」のコピーで知られるように、当時としては画期的なメディアミックスの戦略を取り入れ、小説を原作に多数の映画がテレビドラマなどが製作され、主演女優による主題歌もヒットさせるなど、数々の話題作を生み出した。

本映画祭で、まず、おすすめしたいのは、4K修復版が完成し、世界初披露となる『犬神家の一族』。
4Kデジタル修復のビフォーアフター映像も公開されているので、ぜひその違いを確認してほしい。アップ映像の迫力におどろくはず。

ほかに上映されるのは、深作欣二の『復活の日』『里見八犬伝』(ともに4K修復版)、片岡義男原作による藤田敏八『スローなブギにしてくれ』、和田誠『麻雀放浪記』、村川透監督による松田優作の『蘇る金狼』『野獣死すべし』、大林宣彦『ねらわれた学園』『時をかける少女』、澤井信一郎『Wの悲劇』『早春物語』、角川春樹『天と地と』、相米慎二『セーラー服と機関銃』、崔洋一『友よ、静かに瞑れ』『花のあすか組!』、根岸吉太郎『探偵物語』、森田芳光『メイン・テーマ』、井筒和幸『二代目はクリスチャン』『晴れ、ときどき殺人』、高林陽一『蔵の中』、佐藤純彌『人間の証明』などなど。
さらに千葉真一さんを追悼して斉藤光正『戦国自衛隊』も特別上映。

アニメーションでは平田敏夫『ボビーに首ったけ』や、りんたろうの『幻魔大戦』、真崎守による『時空の旅人』、やまざきかずお『ファイブスター物語』、そしてりんたろう・川尻善昭・大友克洋による『迷宮物語』などが上映される。

これだけの数の歴代の名作が並ぶと、時代を彩った「角川映画」の個性が見えてくる。
なかでも数十億をこえる予算で製作された『戦国自衛隊』や『天と地と』、新種ウイルスで人類が滅亡した世界を描く深作欣二の大作『復活の日』などは、ぜひ劇場のスクリーンで見てほしい。
さらには、角川3人娘と呼ばれた薬師丸ひろ子(『ねらわれた学園』、『セーラー服と機関銃』、『メイン・テーマ』)、原田知世(『時をかける少女』『早春物語』)、渡辺典子(『晴れ、ときどき殺人』)などなど、80年代の青春映画を通してみるのもおすすめ。

また、舞台挨拶には豪華ゲストが予定されている。犬神家三姉妹の次女を演じた女優の草笛光子、『時をかける少女』で深町役を演じた高柳良一と映画評論家・映画監督の樋口尚文、アニメーション監督のりんたろうや、『ボビーに首ったけ』で声優を務めた野村宏伸、そして、『迷宮物語』の大友克洋も登場。

ぜひこの機会に、映画館に足を運んで、パワーあふれる時代と「角川映画」の世界を堪能してほしい。

角川映画祭
期間/2021年11月19日(金)
場所/テアトル新宿、EJアニメシアター新宿ほか 全国順次開催
URL/cinemakadokawa.jp/kadokawa-45
https://twitter.com/kado_cine

舞台挨拶※詳細は公式HPなどでご確認ください。
11月20日(土)12:35 『犬神家の一族』4Kデジタル修復版上映後
ゲスト/草笛光子(女優)
場所/テアトル新宿

11月21日(日)11:00 『幻魔大戦』上映後
ゲスト/りんたろう(映画監督)
場所/EJアニメシアター新宿

11月28日(日)11:00 『迷宮物語』上映後
ゲスト/大友克洋(漫画家/映画監督)
場所/EJアニメシアター新宿

12月3日(金)18:15 『時をかける少女』上映後
ゲスト/高柳良一(元・俳優/ニッポン放送勤務)×樋口尚文(映画評論家/映画監督)
場所/テアトル新宿

12月10日(金)18:20 『メイン・テーマ』上映後
ゲスト/野村宏伸(俳優)
場所/テアトル新宿

Text:Hiromi Mikuni

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する