Fashion / Post

ケリングが主催! ファッションと生物多様性を考える展覧会

ケリングがサステナビリティについての展覧会「Fashion & Biodiversity:ケリングと共に考えるファッションと生物多様性」展を2021年11月26日(金)〜28日(日)に表参道のケリングビルで開催する。

ケリングは、グッチやサンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガなどを傘下に収めるグローバル・ラグジュアリー・グループ。会長兼CEOのフランソワ=アンリ・ピノーは15年以上前にサステナビリティが倫理的にもビジネス的にも必須であることを確信し、グループの戦略の中核に据えてきた。2017年には「Crafting Tomorrow’s Luxury(未来のラグジュアリーを創造する)」というサステナビリティ戦略を打ち出し、2025年の目標達成に向け環境への負担削減や社会福祉に取り組んでいる。

本展ではケリング・グループの各ブランドの製品が生まれる工程を、実際の素材や製品、写真などを使って展示・解説する。

また、製品の製造に携わるすべての人々が自然環境の修復・再生活動を行うことの受容性をボードゲームを通じて体感できるワークショップも実施。

ファッションを楽しむことと、持続可能な社会の実現を両立するには? 展覧会やワークショップを通して考えてみよう。

「Fashion & Biodiversity:ケリングと共に考えるファッションと生物多様性」展
会期/2021年11月 26日(金)〜28日(日)
開館時間/10:30〜18:00(17:00最終入場)
会場/東京都渋谷区神宮前5-1-5 ケリングビル6F
URL/www.kering.com/jp

<ワークショップ詳細>
4名1組でボードゲームをプレイしながら、ファッションと環境問題について学ぶワークショップ。プレイヤーはそれぞれがファッションブランドの経営者として、例えば環境に配慮した素材や新素材、原材料やCO2 排出量に目を向けながら、自然の修復・再生活動を行い、同時にトレンドを考慮した製品を製造することを目指す。
時間/【1回目】10:00-13:00 (所要時間 約3時間)
   【2回目】14:30-17:30 (所要時間 約3時間)
    ※展覧会のツアーも同ワークショップに含む。
講師/一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン代表理事 日比保史氏
対象/中学生以上
定員/各回12名(1組4名)
※感染症対策の観点より、複数名(1組2名から)でのお申し込みをお願いしております。2名でお申込みのお客様は他のご参加者と同テーブルになる可能性がありますことを予めご了承ください。
入場料/無料 事前予約制(予約はこちらまで):keringevent2.peatix.com

Text:Mariko Kimbara

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する