Fashion / Post

ロエベ財団と三鷹の森ジブリ美術館がスポンサーシップ契約を締結

©Museo d'Arte Ghibli
©Museo d'Arte Ghibli

ロエベ財団(LOEWE FOUNDATION)と三鷹の森ジブリ美術館を運営する徳間記念アニメーション文化財団が3年間のスポンサーシップ契約を締結することを発表した。

01 | 05

クラフトは、ロエベとスタジオジブリにとって原動力となる価値観。今回のコラボレーションは、お互いに革製品、そして何万枚もの絵を手描きするアニメーション映画という、手仕事の温もりを伝えるという観点において共鳴することで、意義あるスポンサーシップが始まった。

©Museo d’Arte Ghibli
©Museo d’Arte Ghibli

三鷹の森ジブリ美術館は、2001年10月、東京・井の頭恩賜公園の南西に開館した。文化空間であり、かつ公園や緑地を有する憩いの場で、その自然とのつながりは、スタジオジブリの文化の大きな特徴。建物は宮崎駿監督が構想した作品世界を象徴し、アニメーション作品の素晴らしさを維持・普及するための拠点として機能している。宮崎監督は、人の「感じる力」を最大限に生かした、画一的ではない人間味のある美術館を作りたいと考えた。職人の手による漆喰の丸みを帯びたカラフルな内外壁や、ジブリのキャラクターが描かれたステンドグラスなど、職人の仕事を深く理解しているからこその、クラフトの温かみにあふれている。常設展は、アニメーション映画がどのように作られているのか、作り手が何を見て、何を感じているのかが受け取れる内容となっている。

©Museo d’Arte Ghibli
©Museo d’Arte Ghibli

ロエベ財団の徳間記念アニメーション文化財団への資金提供は、展覧会や文化活動の継続など、美術館の運営をサポートするために活用される予定だという。

クラフトマンシップの名のもとに、つながり協力することで、今日そしてこの先必要とされる知見と真の人間的な価値観を育んでいく2つの組織の今後の活動に目が離せない。

Loewe
ロエベ ジャパン クライアントサービス
TEL/03-6215-6116
URL/loewe.com

Text:Midori Oiwa

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する