Art / Post

山谷佑介、新境地の記録 @ユカ・ツルノ・ギャラリー

気鋭のフォトグラファー・山谷佑介による個展「KAIKOO」が、東京・天王洲のユカ・ツルノ・ギャラリーにて開催中。会期は、2021年10月16日(土)〜11月13日(土)まで。

1985年、新潟県生まれの山谷佑介。東京の外苑スタジオに勤務後、移住した長崎で東松照明や無名の写真家との出会いを経て写真を学んだ。近年では、東京の上野の森美術館をはじめ、アムステルダムやパリでの展示など、国内外で活動。写真集・モノグラフに『ground』、『RAMA LAMA DING DONG』、『Doors』(ギャラリー山谷)、『Into the Light』(T&M Projects)などがある。

本展では、横須賀の築82年の古民家を自宅件アトリエに改築するプロジェクトに際し、解体・改築作業で掘り起こされた土地や建物の歴史、そこで暮らしていた人々の痕跡、土やコンクリートなどの物質に出合い対峙することで生まれた作品を発表。土壁の立体作品や、作業中に撮影された写真作品を紹介する。

家族、友人・知人を巻き込みながら自らも改築作業に一から加わり、その過程に自身が考えてきた写真表現との類似性を見出したという。作業や記録をとおして、足もとに埋もれた些細でありふれた存在や歴史を掘り起こし、触れ合い、新たな関係性を結ぶ試みを作品に反映している。

独自の視点で写真のあり方を探る、山谷佑介の注目の個展。さまざまな角度から捉えた風景、記録、そしてその想いを、ぜひ体験してみよう。

※掲載情報は10月20日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

山谷佑介「KAIKOO」
会期/2021年10月16日(土)〜11月13日(土)
会場/ユカ・ツルノ・ギャラリー
住所/東京都品川区東品川1-33-10 3F
開館時間/火〜土 11:00〜18:00
※11月4〜7日のArt Week Tokyo開催中は10:00〜18:00
休館日/月、日、祝
URL/https://yukatsuruno.com/exhibitions/pr091_kaikoo

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する