Art / Post

建築家・安藤忠雄が“描く” 平面作品のコレクション展

Xavier Veilhan『Tadao Ando』 © Xavier Veilhan / ADAGP / JASPAR, 2021, photo by Keizo Kioku
Xavier Veilhan『Tadao Ando』 © Xavier Veilhan / ADAGP / JASPAR, 2021, photo by Keizo Kioku

建築家・安藤忠雄の平面作品に注目する展覧会、大林コレクション展「安藤忠雄 描く」が開催中。東京・天王洲の「WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)」にて、2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)まで。

寺田倉庫が運営するコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM」。「倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する」をコンセプトに、寺田倉庫が作家やコレクターから預かっている作品を公開する施設として、2020年12月にオープンしたばかりだ。

そのWHAT MUSEUMで現在、3つのテーマで大林コレクション展が開催されている。これは実業家であり、国際芸術祭「あいち2022」の組織委員会会長を務める大林剛郎(おおばやし・たけお)の膨大なコレクションによるもので、選りすぐりの作品が多角的なアプローチで紹介されている。

安藤忠雄『住吉の長屋のための習作』(部分) Photo by Keizo KIOKU
安藤忠雄『住吉の長屋のための習作』(部分) Photo by Keizo KIOKU

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」は、同コレクションの出発点でもある安藤忠雄の平面作品に焦点を当てたもの。長さ10メートルにおよぶドローイングや、初期建築作品のスケッチ、未完プロジェクトのシルクスクリーンなど、平面作品15点などが展示されている。細いペンと色鉛筆による繊細で柔らかな筆致からは、安藤が誠実に都市と建築に向き合う姿が垣間見え、ダイナミックな筆跡からは、力強く未来に向かって挑むひたむきな姿が連想される。

安藤忠雄『宇都宮プロジェクトⅠ』 by courtesy of TOKI-NO-WASUREMONO / WATANUKI Ltd.
安藤忠雄『宇都宮プロジェクトⅠ』 by courtesy of TOKI-NO-WASUREMONO / WATANUKI Ltd.

WHAT MUSEUMで行われている大林コレクション展では、本展のほか、アンドレアス・グルスキー、畠山直哉ら9組のアーティストがさまざまな視点で都市を捉えた写真が並ぶ「都市と私のあいだ」と、イヴ・クライン、杉本博司、森村泰昌など40点以上の貴重な現代アート作品を集めた「Self-History」が同時開催されている。
こちらもぜひお見逃しなく。

 

※掲載情報は10月5日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」
会期/2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(木)
会場/WHAT MUSEUM 1階 Space2
住所/東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号
料金/一般 1200円、大学生・専門学校生 700円、高校生以下 500円、小学生以下 無料
時間/11:00〜18:00
休廊/月曜日(但し、祝日の場合は翌火曜日が休館)、年末年始
URL/what.warehouseofart.org/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する