People / Post

ブラー、90年代に作った借金を完済したのは2年前!

©Bang Media International
©Bang Media International

ブラー(Blur)のベーシスト、アレックス・ジェームスによると、「レジャー」ツアーで発生した借金を完済したのは約2年前だったという。

ブラーは、今月26日にリリース30周年を迎えた、当時高い評価を得た1991年のデビューLP『レジャー』を引っさげて全米ツアーに出ようとしていたところ、6万ポンド(約900万円)にも及ぶ未払いの税金や借金が発覚、首が回らなくなったのだそうだ。

現在、受賞歴もあるチーズ職人として生計を立てているアレックスは、アップル・ミュージック・ヒッツの『アフター・スクール・ラジオ』で、司会のマーク・ホッパスにこう明かした。「『レジャー』についての問題点の一つは……他のバンドではどうかわからないけど、僕達は最初のマネージャーが仲間のような感じで、結局マネージメントがあまり得意じゃなかった。『レジャー』がリリースされたとき、お金が全くないことに気づいたんだ。だからそのマネージャーをクビにして、賢明なビジネスマネージャーを雇わなければならなかった。税金も払えず本当に深刻だったけど、幸いなことに、僕たちはフード・レコーズって言う小さなインディーズのレーベルに所属していて……そして幸いなことに、その会社がアメリカのレーベル、SPKに圧力をかけて、この大規模な全米ツアーをバックアップしてもらったんだと思う。13週間に及ぶ障害物競走のようなツアーで、あらゆる場所を回ったよ。レコード会社がこの大規模なツアーの資金を提供してくれた。僕らは2年ほど前にようやく返済を終えたよ。何年も前から返済を続けてきた。Tシャツやグッズの印税を前払いしてもらえたから、借金を返してアメリカに行って楽しむことが出来たよ。『レジャー』が発売された4週間後に『ネヴァーマインド』が発売されたんだけど、その日はツアーでアメリカに着いた日だったと思う。それが本当に不思議だった」

アレックスのほかデーモン・アルバーン、デイヴ・ロウントゥリー、グレアム・コクソンから成るブラーは、ツアー開始と同時に『ポップシーン』という曲もリリースしたが、ファンの反応はまちまちで、フロントマンのデーモンは、いかにも「イギリス的」な響きが気に入られなかった原因だと考えているそうだ。

その後、『ネヴァー・クレヴァー』というタイトルのシングルをリリースする計画だったがボツとなり、セカンドアルバム(1993年作『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』 )も延期となった。

同バンドはまた、2ヶ月のアメリカ遠征中、お互いに不満をぶつけ合い始めたという。

Photo: Bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する