Culture / Lifestyle

パリで行列の絶えない人気店のパティシエールが教える、フルーツサンドイッチの作り方

パリで連日行列ができるサロン・ド・テ「マミ・ガトー」を主宰するパティシエールのマリコ・デュプレシが、誰でも簡単にできるレシピをまとめた書籍『パリのひと皿ごはん』を2021年6月18日(金)に刊行。本書に掲載されているレシピの中から、ここでは特別にフルーツサンドイッチの作り方を紹介!

フルーツサンドイッチ

【材料】2人分
フルーツ(好みで揃えても)
いちご 2個
バナナ 1本
キウイ 1個
みかんまたはオレンジ 1個
レモン汁 少々

ホイップクリーム
生クリーム 150ml
砂糖 大さじ1

サンドイッチ用食パン(10枚切り)4枚

【作り方】
1. いちごは縦半分に切る。バナナは皮をむいてパンの 大きさに合わせた長さに切り、表面にレモン汁をまぶす。キウイとみかんは皮をむいてくし形に切り、キッチンペーパーの上において水気を取る。

2. ボウルに生クリームと砂糖を入れ、泡立て器でしっかり九分立てに泡立てる。

3. 食パン2枚の片側に2のホイップクリーム1/4量ずつをのせ、平らに伸ばす。

4. 1のフルーツを彩りよくのせ、残りのホイップクリームを半分ずつのせ、かぶせるようにのばす。

5. もう1枚の食パンをのせてサンドイッチにしたらラップで包み、冷蔵庫に入れ、30分くらい休ませる。

6. 食パンの耳を切り落としてから、食べやすい大きさに切り分けて、器に盛り付ける。

パリ在住のフリーアナウンサー、中村江里子のパーソナルマガジン『セゾン・ド・エリコ』での連載を一冊にまとめた本書。自宅で簡単にトライできる料理を、ひと皿(ワンプレート)にアレンジしたメニューを25皿紹介している。

朝食&ランチ、ティータイム、ディナー、白ワインに合うひと皿、赤ワインに合うひと皿……パリ在住27年のマリコ・デュプレシが提案するレシピは、気取らないのにおしゃれで、すぐに真似できる料理ばかり。

パリのカフェ気分を味わえるレシピで、いつものおうちごはんがアップデートできるはず。日々の食卓が楽しくなるメニューにトライしてみて!

『パリのひと皿ごはん』

著者/マリコ・デュプレシ
定価/¥1,760(税込)
仕様/B5変型判 111ページ
発売/2021年6月18日(金)
発行/扶桑社

Amazonで購入する

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

149_H1_ec

SEPTEMBER 2021 N°149

2021.7.28発売

Shoes Adore!

靴が好きすぎる

オンライン書店で購入する