Art / Post

「SICF21」のグランプリ受賞 中山佳保子の個展開催

中山佳保子 『PLASTIC DAN-POLE』
中山佳保子 『PLASTIC DAN-POLE』

東京・表参道のスパイラル1F「ショウケース」にて、「SICF21」のグランプリ受賞者、中山佳保子による個展「SPOT - 視点、回転、発展」が開催。会期は、2021年6月14日(月)〜20日(日)まで。

中山佳保子 『PLASTIC DAN-POLE』 部分
中山佳保子 『PLASTIC DAN-POLE』 部分

スパイラルが若手作家の発掘と育成、支援を目的として2000年から開催しているアートフェスティバル「SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」。昨年9月に開催された同フェスティバルの第21回において、出展クリエイター85組の中からアーティスト・中山佳保子がグランプリに選ばれた。中山は、身近な素材に潜む形や色、材料、テクスチャなどに着目し、その特性を強調することで新たな造形や現象を生み出している。

中山佳保子 『NANAIRO SPORTS FEST 2019 WINNING TROPHY』 (2019年)
中山佳保子 『NANAIRO SPORTS FEST 2019 WINNING TROPHY』 (2019年)

グランプリ受賞作の『PLASTIC DAN-POLE』は、プラスチック段ボールを円形状にカットしたものを幾層にも重ねて黒い円柱を構成し、一定の速度で回転させた作品。プラスチック段ボールを重ねる際に、空洞の向きを規則的にずらして積層することで、回転した時に反対側が透けて白い光の帯が上下する神秘的な現象が起こる。

【EXHIBITION】SICF21 グランプリアーティスト展 中山佳保子「SPOT −視点、回転、発展」

本展では、その円柱3本を10本に拡張したフルヴァージョンを展開。装飾性や演出を排し、素材の個性や物質の特徴だけで構成された作品群は、その美しさで観るものを魅了する。さまざまな角度から、あなただけの“SPOT”をぜひ楽しんでみては?

中山佳保子 『POLY BAG FAUNA』 (2021年)
中山佳保子 『POLY BAG FAUNA』 (2021年)

※掲載情報は6月14日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

SICF21 グランプリアーティスト展 中山佳保子「SPOT – 視点、回転、発展」
会期/2021年6月14日(月)〜20日(日)
会場/ショウケース
住所/東京都港区南青山 5-6-23 スパイラル 1F
開館時間/11:00〜19:00
※営業時間は状況に応じて変更する場合あり
※入場制限を行なう場合あり
休館日/会期中無休
料金/入場無料
URL/www.spiral.co.jp/topics/showcase/sicf21gp

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する