People / Post

サルマ・ハエック、映画『ハウス・オブ・グッチ』 共演者のレディー・ガガを絶賛

©Bang Media International
©Bang Media International

サルマ・ハエック(Salma Hayek)が、リドリー・スコットの新作『ハウス・オブ・グッチ』で共演したレディー・ガガ(Lady Gaga)を「信じられないほど才能のある」女優と絶賛している。

年内に全米公開予定であるファッションブランド「グッチ」の創業者一族を描いた映画でガガは、先駆者マウリツィオ・グッチの殺害を企てたとして有罪判決を受けた元妻パトリツィア・レッジアーニ役を演じている。

パトリツィアの腹心の友ピナ・アウリエンマ役に扮するサルマは、ガガについてバラエティ誌にこう話している。「電話で話していた時、彼女はすでにパトリツィアだったわ。彼女のアクセントは完璧」「映画の中にもなかったようなシーンを演じたりして楽しい時間を過ごしたわ。彼女は突極のプロフェッショナルで、現場に入るのが待ちきれなかった」

また、サルマはガガの才能を崇め、「全てにおいてトップな上に、彼女のアクセントの良さは、素晴らしい俳優がみんな持ち合わせているというものではないわ」「当然、彼女は素晴らしい耳を持っているわね。並外れた即興力で、それは誰にでもある才能じゃない。彼女は見事に役を演じ切っている」「彼女ほどのコミットメント、彼女のように役になりきった人は、私は今までに1度か2度しか見たことがないわ。それに、彼女は最高のチームプレーヤーよ」と続けた。

 

Photo: Bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

148_H1_ec

JULY / AUGUST 2021 N°148

2021.5.28発売

Kawaiism

みんなのカワイイ

オンライン書店で購入する