Art / Post

中止となった鈴木マサルの大規模個展をWebで体験

会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)
会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)

東京ドームシティのGallery AaMoにて、2021年4月25日(日)〜5月9日(日)まで開催予定だった、テキスタイルデザイナー・鈴木マサルの展覧会「鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に」。今回、東京都の緊急事態宣言発令を受けて開催中止となったが、オンラインにて会場内の写真とウォークスルー映像が公開された。

会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)
会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)

鈴木マサルは、自身のブランド「オッタイピイヌ (OTTAIPNU)」をはじめ、マリメッコ (marimekko)やユニクロなど、国内外のメーカーやブランドのデザインを手がけるとともに、建築・家具とのコラボレーションや、東京造形大学教授として後進の指導・育成も行うなど、その活動は多岐にわたる。

北欧のカラフルなプリントテキスタイルに影響を受けたという鮮やかな色遣いと、動物や植物など、温かみのあるモチーフが彼のデザインの魅力。本展では、さまざまな色彩のテキスタイル、傘、鞄などをはじめ、新作の巨大なタペストリー生地4種類を公開。

会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)
会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)

また、傘の展示コーナーでは、過去最大本数の約120点が空中を彩り、ユニークでカラフルな世界を展開する。

「きれいな色や柄は別に無くても成立するものだけど人の心に浸透するビタミンのようなものだと思います。そして人の気持ちを前に向かせてくれるものだと、私は信じています。さまざまなことが制限されて気分が沈みがちなこの時期に、気持ちが晴れ晴れするような色と柄のテキスタイルを、すべての人に。」(展覧会に寄せたメッセージより抜粋)

会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)
会場風景より。 Photo : 三嶋義秀 (Styrism Inc.)

本展は、鈴木マサルがこれまで発表してきたテキスタイルから、初公開となる新作デザインまでを一挙に展示した過去最大規模の展覧会として開催が予定されていた。5月8日(土)15:00より、会場からダンスパフォーマンスのライブ配信も予定されている。本展の中止を受け、ダンサー・振付家の森下真樹と鈴木美奈子の協力のもと、開催が決定。めくるめく色彩の世界が広がる空間を、ぜひオンラインで体験してみよう!

※掲載情報は4月27日時点のものです。
最新情報は公式サイトをご確認ください。

「鈴木マサルのテキスタイル展 色と柄を、すべての人に。」
会期/2021年4月25日(日)〜5月9日(日)
URL/https://www.youtube.com/user/OTTAIPNU

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する