Beauty / Feature

「CHANEL」のアンバサダー、リリー=ローズ・デップが “ルージュ ココ ブルーム”の魅力をナビゲート!

©CHANEL
©CHANEL

15歳にしてシャネル(Chanel)のモデルに抜擢され、現在もアンバサダーを務めるモデルのリリー=ローズ・デップ(Lily-Rose Depp)。圧倒的な存在感や透明感で常にシャネルの世界観を体現する彼女が、フランスのパンタンにある、シャネルのメイクアップ製品開発研究所を訪れたムービーが現在公開中だ。

©CHANEL
©CHANEL

白衣と鮮やかなリップを纏った彼女が今回のムービーでトライしたのは、4月9日に発売されるシャネルの新リップスティック、“ルージュ ココ ブルーム”の製造体験。人気シェードでもあるアライヴ(140)の色を調合するところからスタート! 鮮やかな赤に深みを出すための黒といったピグメントを混ぜ、自然由来のオイルやワックスといったベースにIN。最後はパッケージに注入し、潤いと美しい発色のリップスティックが誕生! ラボで、メイクアップ製品を作る楽しさをたっぷり堪能した模様。

©CHANEL
©CHANEL

「リップは私がメイクする上で、とても重要だと思っているパーツ。リップの色次第で、全体のルックが変わるから。“ルージュ ココ ブルーム”は潤いとロングラスティング、通常だったらなかなかなし得ない2つの機能を併せ持っていて、完璧な仕上がりと心地よい潤いをキープできるところが素晴らしいの。今回のラボでの製造体験では、リキッド状になった色やピグメントを混ぜる過程が、すごく面白かった! 愛用しているシャネルのメイクアップ製品が作られる魔法のような現場に立ち会うことができたことを、とても幸運だと感じています」

©CHANEL
©CHANEL

長らく続くマスク生活で乾燥しがちな唇を、たっぷりの潤いと美発色でラッピングするような“ルージュ ココ ブルーム”。ドラマティックな真紅から上質な雰囲気を纏えるピンクベージュまで、心躍るようなカラーは全20色。ちなみに、リリー=ローズ・デップが「どれも個性があって美しいけど……」と迷いながらもお気に入りに挙げてくれたのは、今回ラボでつくったメタリックな輝きが印象的な赤リップのアライヴ(140)、そしてローズウッドをかすかに感じるベージュピンクのオポチュニティー(112)だそう。

シャネルのスペシャルなムービーで、“ルージュ ココ ブルーム”とリリー=ローズ・デップの魅力を体感して。

ルージュ ココ ブルーム(左から)ラディアント118、アライヴ140、アンエクスペクテッド144 ©CHANEL
ルージュ ココ ブルーム(左から)ラディアント118、アライヴ140、アンエクスペクテッド144 ©CHANEL

ルージュ ココ ブルーム 全20色(うち2色限定)¥4,730
現在、オンライン上でこのリップスティックを始め、シャネルのメイクをヴァーチャルでタッチアップできる「シャネル トライ オン」も実施中。

CHANEL
シャネル
TEL/0120-525-519
URL/www.chanel.com

Photos: Courtesy of Chanel  Text: Chiharu Nakagawa  Edit: Naho Sasaki

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する