People / Post

ホアキン・フェニックス、次回作はアリ・アスター監督作に出演

©Bang Media International
©Bang Media International

ホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)が『ディサポイントメント・ブールバード』に出演する。

『ジョーカー』で昨年のアカデミー主演男優賞を受賞したホアキンの次回作として昨年夏から噂されていた同作への出演が正式に決定したという。

『ミッドサマー』のアリ・アスターが脚本と監督を手がける新作の詳細は明らかになっていないものの、史上最も成功した起業家を数十年にわたって描く作品になるようだ。

A24が製作を手がける本作では、アスターとラース・クヌードセンがスクエア・ペッグ社を通じてプロデューサーも務める。

製作開始時期については分かっていないものの、ホアキンがリドリー・スコットと『グラディエイター』以来初タッグを組むことで話題の『キットバッグ』に取りかかる前に撮影に入る可能性が高そうだ。

『キットバッグ』では、1804年から1814年までナポレオン1世としてフランス皇帝にも即位していた軍人、ナポレオン・ボナパルトが描かれる。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する