Art / Post

ELEVENPLAY×ライゾマ 最新作が公演&ライブ配信

2015年、東京・スパイラルホールで発表した『border』
2015年、東京・スパイラルホールで発表した『border』

演出・振付家のMIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」と、真鍋大度、石橋素率いる「ライゾマティクス」が、最新作『border 2021』を二日間限定公演(2月13、14日)。東京・表参道のスパイラルホールに加え、特設オンライン会場にてライブ配信される。

Perfume、BABYMETAL の振付・ライブ演出などを手掛ける演出・振付家のMIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」と、真鍋大度、石橋素率いる革新的クリエイティブ集団「ライゾマティクス」。両者のコラボレーションによる圧倒的なパフォーマンスで鑑賞者を魅了し、傑作と賞されたのが15年発表のダンスインスタレーション『border』だ。

プログラムで動きを完全に制御されたパーソナルモビリティ「WHILL」に観客が座り、ヘッドセット型のバーチャルリアリティのディスプレイを装着。VR/ARの虚構の世界と、生身のダンサーによって引き戻される現実の世界を行き来するうちに、さまざまな境界が変容していくという作品。

その試みを発展・アップデートさせ、コロナ以降の鑑賞環境としてオンライン・オフライン双方対応の表現モデルを新たに構築し、体験と表現の「進化」に挑む『border 2021』が公開される。

15年当時はまだ適切なツールがなく自作していたデバイスだが、この数年でより高解像度・高臨場感のVRデバイスが登場。これらを使用することで、21年バージョンは映像、音ともにクオリティが向上し、新しい演出も加わった。

また、今回新たに導入されたオンライン鑑賞では、会場内の様子を複数の視点から自由に選択して視聴することができる。高い位置から全体を俯瞰したアングルや、実際にオペレーションを行う制御画面など、会場での体験では見ることのできない、オンライン鑑賞に特化したコンテンツも配信される。

初演から5年の歳月を経て誕生した、最新版『border 2021』。現時点での最高峰のテクノロジーを用いた新しい知覚体験を、オンライン・オフラインのどちらでもぜひ堪能したい。

※掲載情報は2月8日時点のものです。
最新情報は公式サイトをチェックしてください。

『border 2021』 期間限定上演
会期/2021年2月13日(土)、14日(日)
会場/スパイラルホールおよび特設オンライン会場(https://border.dance/
住所/東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F
開館時間/スパイラルホール・タイムスケジュール(各日):
[第一部 11:40 – 14:40 / 全5ステージ]
[第二部 15:40 – 18:40 / 全5ステージ]
[第三部 18:40 – 19:40(18:50 最終入場) / 全2ステージ]

特設オンライン会場・タイムスケジュール(各日):
[第一部 12:00 – 14:10]
[第二部 16:00 – 18:10]
[第三部 19:00 – 19:40]
※第一部から第三部まで1日を通して閲覧可能
※ライブ配信のため、さかのぼっての鑑賞は不可
料金/会場で体験+鑑賞 一般¥6,000(税込)、18歳以下¥2,000(税込)
※一部ステージを残してチケット完売
オンライン鑑賞 一律¥1,500 (税込)
公式サイト/border.dance

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する