Art / Post

沖縄本島北部&オンラインで楽しむ「やんばるアートフェスティバル」

沖縄県本島北部地域(通称:やんばる)にて、現代アートと伝統工芸が一堂に会する地域芸術祭「やんばるアートフェスティバル 2020-2021山原知新」が開幕。会期は、2021年1月23日(土)〜2月21日(日)まで。

ヤンバルクイナなどに代表される希少な動植物や、現代まで受け継がれている伝統芸能や祭祀が原始的な魅力を持つ沖縄のやんばるエリア。2016年に「やんばる国立公園」に指定されたことを受けて、市町村を横断した地域芸術祭「やんばるアートフェスティバル」がスタート。これまで国内外からのべ18万人の来場者が訪れ、アートやクラフトを周遊鑑賞しながら、やんばるという地域の魅力を体感・体験してきた。

メイン会場:大宜味村立旧塩屋小学校
メイン会場:大宜味村立旧塩屋小学校

今年で4回目を迎える本展は 「山原知新(やんばるちしん)」をテーマに、廃校舎や地域の施設をはじめ、自然の中を巡る魅力的な会場を通じて、エキシビション部門とクラフト部門を展開。エキシビション部門では、国内外の第一線で活躍するアーティストに加え、沖縄県内のアーティストら全21組が参加。沖縄・やんばるならではの作品を制作・展示する。また、クラフト部門では、若手から実力派まで20組の職人が手がけた“やちむん(陶器)”や琉球ガラス、紅型など、沖縄の風土を感じさせる力強く美しい品々を展示販売。

さらに、本年度はオンラインでも楽しめるコンテンツを多数実施。会場や展示作品をオンラインで体験できる3Dインスタレーションビューや、会期中のアーティストパフォーマンス、トーク、ワークショップなどのイベントの配信、クラフト部門のオンライン販売も予定。詳細は公式サイトなどで随時発表される。

新時代のアートを通じてやんばる地域の豊かな原風景に触れ、その魅力を世界へ発信するアートイベントを、オンラインでもぜひチェックしてみよう!

※掲載情報は1月29日時点のものです。
最新情報は公式サイトをチェックしてください。

「やんばるアートフェスティバル 2020-2021 山原知新」
会期/2021年1月23日(土)〜2月21日(日)
会場/大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティセンター)、オクマ プライベートビーチ & リゾート、辺土名商店街、オキナワ マリオット リゾート & スパ、カヌチャリゾート、名護市民会館前アグー像
時間/大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター) 11:00〜17:00
辺土名商店街 11:00〜17:00
※毎火曜休館
料金/入場無料
URL/yambaru-artfes.jp

Text : Akiko Kinoshita

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する