Fashion / Editor's Post

スタンスミスがサステナブルに生まれ変わる

アディダス オリジナルス(adidas Originals)は、半世紀に渡り愛され続けてきた「スタンスミス」全商品においてリサイクル素材を使用し、一部商品は動物由来の素材を使用しないヴィーガン設計のサステナブル仕様に切り替える。

1978年の誕生以来、そのミニマルで洗練されたデザインで、今なおファッションやストリートシーンを席巻し続けているスタンスミスは、テニスシューズ「ハイレット」に、伝説的テニスプレイヤーであるスタン・スミスの名を冠して誕生。

アイコニックなシルエットはそのままに、高機能リサイクル素材PRIMEGREENを内側に採用。アッパーにはレザーと同じ外観・手触りの日本製プレミアムPUコーティングを施したリサイクルポリエステルを、アウトソールには天然ラバーやリサイクルラバーを用いて、レース、ライニング、インソールなどのディテールもすべてリサイクル素材を使用することで内側から見直した。


STAN SMITH (FX5522)/¥13,000


STAN SMITH (FX5502)/¥8,990 ※ヴィーガン設計

「END PLASTIC WASTE」をサステナビリティへのコミットメントとして掲げ、2024年までに同ブランドのすべての製品においてバージンポリエステルの使用を廃止し、リサイクルポリエステルに代替することを目標として、アイコンともいえるスタンスミスは生まれ変わる。目指すのは見た目を変えることではなく、中身を変えること。

私たちの地球とよりよい未来のために歩み出した、再構築されたスタンスミスをぜひチェックしてみて。

Text: Nozomi Urushibara

Profile

漆原望Nozomi Urushibara ファッション・エディター。大学卒業後『Numéro TOKYO』に参加し田中杏子に師事。ファッションストーリーやシューズ&バッグなどを担当し、撮影プロップ制作も行う。ミニバッグとプラットフォームシューズへの偏愛が強め。誌面でのスタイリングのほか、広告やタレントの衣装なども手がける。ほんのちょっとの可愛らしさが残るイイ女スタイルが好み。2019年にはじめたサーフィンに続き、2020年はテニスをスタート予定。

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する