Art / Post

ハイブランド×ストリートアート。トレバー・アンドリュー展開催

アーティストのトレバー・アンドリュー(Trevor Andrew)が、日本初の大規模展覧会「middle of the mall by TREVOR ANDREW~ハイブランドとストリートアートの融合~」を大阪の心斎橋PARCOにて開催中。会期は、2021年9月11日(土)〜26日(日)まで。

『Lucky charms』
『Lucky charms』

ポップアートとストリートスタイルが融合した作品で、世界的に知られるトレバー・アンドリュー。長野とソルトレイク、2回のオリンピックに参加したスノーボードのプロ選手で、その後アーティストにキャリアチェンジした経歴を持つ。

彼の作品を象徴する芸術スタイルは、ロゴに対する強い興味から生まれた。特にグッチ(Gucci)のロゴへのオブセッションは、ブランドのクリエイティブディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレの目に留まり、老舗ファッションブランドとストリートアートのコラボレーションが実現。初回作品を発表した2016年当時のグッチ(Gucci)の売り上げは、前年比43.8%上昇という史上最大の伸び率を記録したという。

『Life is Gucci (aqua)』
『Life is Gucci (aqua)』

その他、バートン(Burton)、リーボック(Reebok)、オークリー(Oakley)などのファッション・スポーツブランドや、ローリングストーンズ、2チェインズをはじめ、数々のアーティストとコラボレーションを発表。20年春夏からは、自身のファッションブランドであるリアルバイ(REAL BUY)を本格的に展開している。

また、約2年前からNFTアート市場にも進出し、20年に発表したファーストコレクションは12秒で完売。21年3月には350万ドルの収益を生み出し、世界のNFTアーティストのトップ15にも入っている。

『Miracle grow』
『Miracle grow』

本展では、アトリエをイメージした空間や映像作品など、トレバー・アンドリューならではの要素を感じられる演出のほか、代表作品のひとつである「GG」をモチーフにしたギャラリースペースにて作品を展示・販売。また、本展開催を記念した限定グッズも販売される。詳細は公式サイトをチェックしよう。

さらに、心斎橋PARCO 1FのTHE WINDOW SHINSAIBASHIでは「TREVOR ANDREW POP UP SHOP “TROUBLE BASE”」と題して、リアルバイ(REAL BUY)のアパレルを販売するポップアップを開催。

注目の高まるトレバー・アンドリューの大規模個展。貴重なこの機会を、どうぞお見逃しなく!

※掲載情報は9月15日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをご確認ください。

「middle of the mall by TREVOR ANDREW~ハイブランドとストリートアートの融合~」
会期/2021年9月11日(土)〜2021年9月26日(日)
会場/心斎橋PARCO 14F PARCO EVENT HALL
住所/大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
開館時間/11:00〜20:00
※入場は閉場の30分前まで
※最終日は18:00閉場
※感染症拡大防止等の観点から入場者数の制限あり
※営業日時の変更及び休業となる場合あり
料金/一般 ¥1,000、学生 ¥700(すべて税込)
※小学生以下無料 
※駐車サービス除外
URL/https://art.parco.jp/eventhall/detail/?id=714

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する