Art / Post

画家・工藤麻紀子展@小山登美夫ギャラリー

工藤麻紀子 『空気に生まれかわる』 (2020年) Photo:Kenji Takahashi © Makiko Kudo, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
工藤麻紀子 『空気に生まれかわる』 (2020年) Photo:Kenji Takahashi © Makiko Kudo, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

東京・六本木の小山登美夫ギャラリーにて、画家・工藤麻紀子による個展「空気に生まれかわる」が開催中。会期は、2020年12月11日 (金)〜2021年1月16日 (土) まで。

工藤麻紀子 『untitled』 (2020年) Photo:Kenji Takahashi © Makiko Kudo, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
工藤麻紀子 『untitled』 (2020年) Photo:Kenji Takahashi © Makiko Kudo, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

幼少期に触れた自然や動物、漫画、アニメ、そしてマティスやボナールに感銘を受けたという工藤。彼女の作品は、日常生活で出合ったものと、夢で見た世界のようなイマジネーションが渾然一体となった幻想的な心象風景で知られる。

2002年の大学卒業と同時に、小山登美夫および村上隆のキュレーションによるグループ展にそれぞれ出展し、その作風が注目を浴びた。その後、アメリカ・ロサンゼルスやイギリス・ロンドンをはじめ国内外で個展を行い、ロサンゼルス現代美術館、フォートワース近代美術館(テキサス)、サーチ・コレクション(ロンドン)など、世界各地の美術館やギャラリーに作品が収蔵されている。

工藤麻紀子 『今日も終わりと光差す』 (2020年) Photo:Kenji Takahashi © Makiko Kudo, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
工藤麻紀子 『今日も終わりと光差す』 (2020年) Photo:Kenji Takahashi © Makiko Kudo, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

小山登美夫ギャラリーにおける4年ぶり6度目となる本展では、新作ペインティングや、初めての試みである壁紙に描いたドローイングなどをバリエーション豊かに展示。さらに、3D技術を用いたオンラインビューイングも公開する。

本展および新作ペインティングのタイトルである「空気に生まれかわる」とは、友人が飼っていた子猫を病気で亡くした時に「空気に生まれかわって動物の呼吸を助けたい」と発した言葉に強い衝撃を受け、その優しい気持ちを表現したいという思いから付けられたという。

出展作品より。
出展作品より。

ダイナミックかつ繊細な筆致、鮮やかな色彩と大胆な構図からなる工藤麻紀子の最新作品。独特の浮遊感と躍動感にあふれる世界を体感しに、ぜひ足を運んでみては?

※掲載情報は12月21日時点のものです。
開館日時など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

工藤麻紀子「空気に生まれかわる」
会期/2020年12月11日(金)〜2021年1月16日(土)
会場/小山登美夫ギャラリー
住所/東京都港区六本木6-5-24 complex665ビル 2F
開館時間/11:00〜19:00
休館日/日、月、祝、12月27日〜1月4日(冬季休廊)
URL/tomiokoyamagallery.com

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

150_H1_650_ec

OCTOBER 2021 N°150

2021.8.27発売

Logo À Gogo

やっぱりロゴが好き

オンライン書店で購入する