People / Post

ブラッド・ピット、ロサンゼルスで食料支援

©Bang Media International
©Bang Media International

ブラッド・ピット(Brad Pitt)が、ロサンゼルスで助けを必要としている人々に食料を提供した。

白Tシャツの上に赤黒白のチェックのシャツ、そしてジーンズにマスクといった風貌のブラッドが、公営住宅に暮らす低所得家庭に食料を配る姿が目撃されている。

その写真では、ブラッドが食料の詰まった箱をトラックから下ろし、列をなして待つ人々に笑顔で挨拶する姿がみてとれる。

ブラッドは7月にも、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリーと共にロサンゼルス南部ワッツ地区で食料支援を行っている。当時ブラッドがトラックを運転している姿が目撃されており、フリーは「このコミュニティは僕にお返しをしてくれる」「参加したいんだ。僕は橋を建てて友達を作るのが好きだからね」と話していた。

親友同士のブラッドとフリーは、トラックから食料を下ろし、恵まれない立場にある若者を支援する団体ワッツ・コミュニティ・コアに提供、またフリーは「一端を担えることは嬉しいよ。でも正直なところ、与えるっていうよりも与えられているって感じる」「僕はここで歓迎されている。僕達は皆一緒に働いて何か素晴らしいことをしているんだ」と続けていた。

そんなブラッドは5月、ミズーリ州立大学の卒業生に向けてエールを送っている。同大学のツイッターには、「私達の卒業生に、もう一つサプライズがあります。スプリングフィールド出身の方から特別メッセージです。ありがとう、ブラッド」と綴られており、ブラッドが動画でお祝いの言葉を贈っている。「やあ、みんな。隔離中のブラッドだ。ミズーリ州立大学の卒業生におめでとうって言おうと思ってさ!」「こんな困難な時に、卒業するのはとても変な感じだろうね。でも、僕たちは君達を応援するよ。君達がこの世界をより良い場所にしてくれると信じている。将来何に挑もうとも、それがうまく行くことを願っているよ」「君達はやり遂げたんだ!楽しんでくれ。もう一度おめでとう!夢を大きく持つように」

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する