People / Post

ケイト・モス、恋人に指輪を贈らせる!?

©Bang Media International
©Bang Media International

ケイト・モス(Kate Moss)は、離婚以来、指が「空っぽ」に感じるので、恋人に指輪をねだったそうだ。

毎日、左手中指につけているヴィンテージのエメラルドとダイヤモンドの指輪は、5年交際中のニコライ・フォン・ビスマルクとの婚約を示唆しているわけではなく、ニコライにプレゼントさせただけで、真剣交際の証のようなものだという。

ケイトは大のジュエリー好きで、ニコライは興味がないものの、ジュエリー店には喜んでお供するそうで、「私はニコライと一緒にジュエリーのショッピングに行くのが好き。彼も夢中になるのよ。女性がジュエリーを貰う時と同じくらい、贈ることに喜びを感じる男性もいると思うわ」「素敵なチェーンとか、男性がジュエリーを身に着けているのは好きだけど、ニコライには想像できないわね。彼はそういうタイプではないの」と語った。

そんなケイトが最も大切にしているジュエリーは、元恋人ジェファーソン・ハックとの間に娘のライラ・グレース(18)を出産した後に、ジェファーソンが贈ったリング全周にダイヤモンドが入ったエタニティリングだという。

情報サイト「テレグラフ・ラグジュアリー」でケイトは、「いつかリラにあげるわ」「彼女は女の子っぽいジュエリーが好き。まだアンティークには興味がないから、今のところ私のジュエリーは安全ね」と話した。子供の頃から常にジュエリーを「切望して」いたというケイトは、自分で買うのも大好きだそうで、「私は自分のためにたくさん購入するわ。時にはガイド的な道しるべとして、でもほとんどの場合、目を引くものを見つけたときかしら」「大きなローズカットのダイヤモンドリングを持っていて、これはかなり意味があるもの。あることを成し遂げたので、ちょっとしたお祝い、自分へのプレゼントとして買ったの」と話し、ジュエリーへの執着はどこから来たのかと尋ねられると、「小さい頃は指輪が欲しくてしょうがなくて、いつも一番小さい箱のクリスマスプレゼントを最後まで残しては、それが宝石箱であることを祈ってたけど、全くそうならなかったわ。可哀想な私ね!」と答えた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する