People / Post

オノ・ヨーコ、事業の大半を息子ショーンに承継

©Bang Media International
©Bang Media International

オノ・ヨーコ(Yoko Ono)が事業の大半を息子ショーン・レノン(Sean Lennon)に承継したという。

オノは自身やザ・ビートルズに関する計8つの会社経営者としての立場を退き、ショーンに引き継がせることにしたようだ。

このことによりショーンは、亡き父ジョンのソロ曲一部の著作権を有するレンソロ社などで重役に就任するとデイリー・ミラー紙は伝えている。

1969年にジョンと結婚したオノは近年、公の場に姿を見せることが少なくなっており、車いす生活を送っていると言われている。

一方でショーンは、ドキュメンタリー作『ジョン・レノン・アット・80』でポール・マッカートニーにインタビューしていたところだ。

そこでポールはジョンとの出会いを振り返り、「いちファンとして今思うと、僕同様に音楽をやっていたあのちょっと変わった男に出会えたことはいかに幸運なことだったか。僕らはお互いを引き立たせることができたんだから」と語っていた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

148_H1_ec

JULY / AUGUST 2021 N°148

2021.5.28発売

Kawaiism

みんなのカワイイ

オンライン書店で購入する