Fashion / Post

「KENZO」デザイナー、高田賢三が死去

©Bang Media International
©Bang Media International

「KENZO」の創業者でデザイナーの高田賢三が死去した。

パリ郊外にあるアメリカン・ホスピタルにて新型コロナウイルスの合併症で81年の生涯を閉じた。

広報はこう声明を発表している。「途轍もない悲しみと共にブランドK-3は、名高いアーティスティック・ディレクター、ケンゾー・タカダを失ったことを発表します。この世界的に著名なデザイナーは新型コロナウイルスとの合併症により、フランスはヌイイ=シュル=セーヌ のアメリカン・ホスピタルにて81歳で亡くなりました」

また同ブランドのクリエイティブ・ディレクター、フェリペ・オリヴェイラ・バティスタは、「ケンゾー・タカダ氏が亡くなられたと知り悲しみに暮れています。その素晴らしいエネルギー、優しさ、才能は伝染するものでした。彼の精神は永遠に生き続けるでしょう。師匠へ、安らかに」と綴った。

一方、今年1月に高田が立ち上げたばかりのラグジュアリーホームウエア&ライフスタイルブランドK-3のCEOジョナサン・ブーシェ・マンハイムはこう声明を発表している。「ケンゾー・タカダは素晴らしい創造力を持った天才でした。故郷日本とパリでの生活、東洋と西洋を合わせ新たな芸術的で色彩豊かな物語を作り上げたのです。私は長年彼のもとで仕事をするチャンスに恵まれ、彼の好奇心、オープンマインドなところを称賛しつつ、いつも驚嘆していました。最初彼は物静かでシャイなように見えますが、本当はユーモアに溢れた人でした。優しく自らの心に近い人々への世話を決して忘れませんでした。彼は、生きることへの熱意を持っていました。ケンゾー・タカダは生きる芸術の典型だったのです」

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する