Culture / Post

自分自身を愛するために。「mimosas」初のイベントが10月2日に開催

弁護士や臨床心理士等の専門家たちと共に、性被害についての「必要な正しい情報」を発信しているNPO法人「mimosas(ミモザ)」が、国際非暴力デーの2020年10月2日(金)初のイベントを開催する。

性別やセクシュアリティに関係なく、性被害に遭ったサバイバーが自分を責めず、安心して話せる場所や対処の方法を事前に知ることのできる社会を目指して活動をしているミモザ。今回初開催となるイベントでは、ジャーナリストの伊藤詩織、臨床心理士のみたらし加奈、小島慶子、せやろがいおじさん、メディアプロデューサーの疋田万理らが登壇し、性的同意やコミュニケーションに関するトークセッションを行う。

会場では、あいちトリエンナーレ2019でも展示されたモニカ・メイヤーの作品が展示される。彼女が1978年に始めた「The Clothesline(クロースライン)」は、参加者が日常生活で感じる抑圧やハラスメントなどを色紙に書き、物干しロープ(clothesline)に展示するという参加型プロジェクト。来場者も参加することができるので、あなたの経験や思いをシェアしてみて。

mimosasからお花を使った来場者一人ひとりへのメッセージや、売上が寄付されるTシャツなどオリジナルグッズのサンプルも展示される。

オンラインでも視聴できるので、興味のある人はぜひ覗いてみて。「大切な相手を、友達を、家族を守るために。誰かを傷つける側にならないために。そして何よりも、自分自身を大切にするために」。まずは知る一歩から始めてみよう。

開催概要
開催日/2020年10月2日(金)10:00~22:00
会場/IWAI 表参道
住所/東京都渋谷区神宮前5-6-15
チケット販売/https://mimosas1002.peatix.com/

トークセッションタイムテーブル
10:30~11:30 小島慶子 x せやろがいおじさん x 臨床心理士/公認心理師 斎藤梓 x 弁護士 川本瑞紀『セックスの時の、YES/NOどうやって伝えてる?』
13:00~14:00 伊藤詩織 x みたらし加奈 x 疋田万理『私たちがつくりたい世界 – mimosasの想い』
17:00~18:00 西村宏堂 x みたらし加奈『今「生きづらい」と感じる人に伝えたいこと』
20:00~21:00 Violetta (Vivi) Polt x 疋田万理『相手を思いやったコミュニケーションって?』

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

#141_h1ec

November 2020 N°141

2020.9.28発売

Raise Your Spirits

クリエイターがいま思うこと

オンライン書店で購入する