Culture / Post

篠山紀信
初監督作『イル・ノワール ÎLE NOIRE 黒い島』劇場公開!

写真家・篠山紀信自ら監督・撮影した『イル・ノワール ÎLE NOIRE 黒い島』が初めて劇場公開される。

本作品は、篠山紀信が“初めて”にこだわった写真集『première(ブルミール=フランス語で初めての意)』のシリーズ作にあたる。毎回モデルたちが挑む“初めて”の体験を切り撮ることで話題に。今回はRina&Mari姉妹をモデルに官能と幻惑の美しい世界を全編35分モノクロームで魅せた。姉妹は黒い島で、台本や筋書きもないまま、自身を表現。篠山氏は「二人が自由に動いているところを僕が駆け回りながら撮った。映画を撮っているという感覚はなく、写真を撮っているという感覚だね」と語る。

制作は去年だったが、コロナ禍をも彷彿とさせる。

「姉妹が辿り着いた溶岩の黒い島は暗く、人は家に籠り、風だけが強く吹き抜けていた。 時代だなぁ、と強く感じる」と。

写真と映像が幻想的に入り混じる世界観を共に作りあげたのは、数々の映像音楽を手かがける音楽家・平本正宏とアートディレクター宮坂淳。姉妹の台詞はなく、巧みな編集がなされた映像と音楽の融合。映画館ならではのエモーショナルな体験をぜひ。

『イル・ノワール ÎLE NOIRE 黒い島』

監督・撮影/篠山紀信
出演/Rina&Mari
製作/小学館

会場/アップリンク吉祥寺
期間/2020年9月4日(金)〜9月10日(木)
URL/joji.uplink.co.jp/

Text: Michie Mito

Profile

篠山紀信Kishin Shinoyama 1940年東京生まれ。写真家。写真集&著作は300冊を超える。『Death Valley』『Twins』 『Nude』にはじまり、ジョン・レノンの生前ラストアルバム『ダブル・ファンタジー』ジ ャケット、『激写』シリーズ、150万部を超えた宮沢りえ『SantaFe』はじめ、数々の社 会現象を起こす。三島由紀夫、歌舞伎、さらには福島第一原発まで、作品の幅広さはとどま るところを知らない。2000年からは digi+KISHIN 名でデジタル映像作品も多数制作。日 本中を巡回した展覧会『写真力』は 100 万人を動員、直近では『première』シリーズなど、 常に時代と併走し、作品を発表し続けている。 DVD「イル・ノワール ÎLE NOIRE」¥4,500(小学館)写真集『première sister ri※DVDna&mari』¥4,500(小学館)好評発売中。

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する