Art / Post

注目のアートが横浜に集結!「ヨコハマトリエンナーレ」開幕

現代アートの国際展・ヨコハマトリエンナーレがついに開幕。横浜美術館とプロット48にて、2020年7月17日(金)〜10月11日(日)まで開催。

ヨコハマトリエンナーレ2020イメージビジュアル
ヨコハマトリエンナーレ2020イメージビジュアル

3年に1度開催される現代アートの国際展として、2001年にスタートしたヨコハマトリエンナーレ。20年目にして第7回目の開催となる本展、ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当初の7月3日(金)から開幕日を変更。十分な安全対策を講じた上で、7月17日(金)からの開幕となった。ディレクターには、本展初の外国人となるインド出身の3人組「ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)」が起用された。

本展では、参加アーティスト67組のうち、約半分が20、30代の新鋭アーティスト。彼らは、アジアを中心に、ヨーロッパや中東、アフリカ、大洋州など多彩な地域から参加し、本展のために制作した作品やプロジェクトを多数発表する。

ラクス・メディア・コレクティヴ 撮影:加藤甫 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
ラクス・メディア・コレクティヴ 撮影:加藤甫 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

エヴァ・ファブレガス『からみあい』(2020年) ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景 撮影:大塚敬太 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
エヴァ・ファブレガス『からみあい』(2020年) ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景 撮影:大塚敬太 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

 

アリュアーイ・プリダン『生命軸』(2018年) ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景 撮影:大塚敬太 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
アリュアーイ・プリダン『生命軸』(2018年) ヨコハマトリエンナーレ2020展示風景 撮影:大塚敬太 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

また、通常の展覧会に先駆けて、19年11月に横浜で開催されたプレイベント「エピソード00 ソースの共有」や、開幕直前となる7月3日(金)からは「エピソードX(エックス)」の動画を公式ウェブサイト上で公開。この「エピソード」シリーズは、アーティストらとともに重ねていく時間がプロデュースされたもので、さまざまな企画が加わっていくという。

いま、最も刺激に満ちた現代アートを満喫できるヨコハマトリエンナーレ2020。3年に1度のこの機会を、どうぞお見逃しなく。

 

※掲載情報は7月21日時点のものです。
開館日や時間など最新情報は公式サイトをチェックしてください。

ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」
会期/2020年7月17日(金)〜10月11日(日)
会場(住所)/横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)、プロット48(神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1)
入場料/一般 2000円、大学生・専門学校生 1200円、高校生 800円、中学生以下 無料
休場日/木(7月23日、8月13日、10月8日を除く)
時間/10:00〜18:00
TEL/050-5541-8600 (ハローダイヤル)
URL/www.yokohamatriennale.jp

 

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する