Fashion / Post

ニューバランスのコンセプトストア「T-HOUSE New Balance」オープン

2020年7月17日、New Balance(ニューバランス)による新たなコンセプトストア「T-HOUSE New Balance(ティーハウス ニューバランス)」が日本橋浜町にオープンした。

日本の伝統文化である「茶室」に宿るもてなしの精神に発想を得たという「T-HOUSE New Balance」。川越に残されていた築122年の蔵(くら)を移し、スキーマ建築計画の長坂常が手がけた鉄骨の新しい建築の中に、かつての柱や梁、扉などを新たな機能を持たせて活用している。1階はショップとギャラリースペース、2階には、「TOKYO DESIGN STUDIO(東京デザインスタジオ) 」を併設。

「M1300」オリジナル発売35周年、職人によって最高の品質で作られた初の日本製「M1300JPJ」¥68,000(レッドシダー製のシューツリー/スペシャルボックス付き)※購入抽選応募受付終了
「M1300」オリジナル発売35周年、職人によって最高の品質で作られた初の日本製「M1300JPJ」¥68,000(レッドシダー製のシューツリー/スペシャルボックス付き)※購入抽選応募受付終了

空間自体もスペシャルなこの場にふさわしく、New Balanceのグローバルコラボレーションや、TOKOYO DESIGN STUDIO New Balanceなど、最新のテクノロジーやコンセプトが加わった特別な商品に加え、ここでしか手に入らないオリジナルプロダクトを多数展開していく。

墨入りカップ(小)¥3,500、(大)¥4,000 墨入り浅鉢(小)¥4,000、(大)¥5,500 墨入り浅鉢片口(大)¥6,000 墨入り深鉢(大)¥5,500 墨入り一輪挿し¥6,000 墨入り水差し¥7,000
墨入りカップ(小)¥3,500、(大)¥4,000 墨入り浅鉢(小)¥4,000、(大)¥5,500 墨入り浅鉢片口(大)¥6,000 墨入り深鉢(大)¥5,500 墨入り一輪挿し¥6,000 墨入り水差し¥7,000

オープンに合わせて登場したストアオリジナルアイテムの一つである、陶芸家・高田志保とT-HOUSE New Balanceのコラボによる陶器。高田さんの特徴である大きめな貫入に墨の入ったマットな釉薬のシリーズの裏側に、New Balance を代表するモデル「M1300」のソールを模した幾何学パターンの凹凸を施している。

5本セット¥2,000(ペットボトルのリサイクル素材REPREVE®️を使用したオリジナルポーチ付き)
5本セット¥2,000(ペットボトルのリサイクル素材REPREVE®️を使用したオリジナルポーチ付き)

また、ストアの発想源にもなっている「茶室」の精神にも繋がるアイテムとして、静岡県藤枝に100年続く茶農家で、東京・蔵前に店を構える日本茶ブランド「NAKAMURA」とのコラボでは、カジュアルに抹茶を楽しめるよう、スティック状のパッケージにて、オリジナルポーチ付きで展開。

「TDS×TAKAYO AKIYAMA ガーメントダイ ヘヴィウェイト ドライTシャツ¥13,000
「TDS×TAKAYO AKIYAMA ガーメントダイ ヘヴィウェイト ドライTシャツ¥13,000

TOKYO DESIGN STUDIO New Balanceの定番Tシャツに、ヨーロッパと日本を中心に活躍するロンドン在住のイラストレーター、秋山貴世によるグラフィックのプリントや刺繍をあしらったTシャツのコレクションも発売。

さらに、毎月テーマを変えながら、さまざまな分野で活躍するアーティストやクリエイターのインスタレーションなども開催する。古くからものづくりの街として栄えた日本橋浜町という土地で、新たなクリエイションが生まれる場として機能していくという。

T-HOUSE New Balance(ティーハウス ニューバランス)

住所/東京都中央区日本橋浜町3-9-2
TEL/03-6231-1991
営業時間/月・火 11:00〜14:00,15:00~19:00(金・土・日 11:00〜19:00)
定休日/水・木

Text:Masumi Sasaki

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する