People / Post

ジェニファー・アニストン、マスク着用を懇願

©Bang Media International
©Bang Media International

ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)が外出時のマスク着用を切実に呼びかけている。

友人が新型コロナウイルスに感染し入院中の写真を投稿、ファンに注意を呼びかけた。

集中治療室で幾本ものチューブやワイヤーに繋がれた友人男性の写真と共に、ジェニファーはインスタグラムにこう綴っている。「これが私たちの友人ケヴィンの姿。健康そのものだったし、体に何も問題を抱えていなかった。これがコロナウイルス。これが現実」「これを振り切ることが出来るなんて考えるのは甘いと思う。私達は終息を願っている、そうでしょ?私たちが踏み出せる一歩はマスクを着けること」「この恐ろしいウイルスに苦しんでいる人を想像して。家族のため、あなた自身のために着用してほしい。コロナは年齢に関係なく襲ってくるから」「PSこの写真は4月始めに撮られたもの。現在彼がほぼ回復したことにほっとしてる。みんなの思いやりに感謝してるわ」

その友人の姿と共に、ジェニファーは親友コートニー・コックスとおそろいのマスクを着けた写真も投稿していた。

そんなジェニファーは先月にもマスク着用の大事さを訴えていた。「マスクが面倒くさくて、うっとうしいのはわかる。けどビジネスが閉業し、職が失われ、病院で働く人々が完全に疲弊していることの方が酷いと思わない?そして私たちが注意を怠ることで多くの命がウイルスによって奪われている」「人間の命を大切に思うなら、お願いだからマスクを着けて。そして周りの人々にも呼び掛けて」

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する