Fashion / Post

「Chanel」2020/21年秋冬 オートクチュール コレクションを公開

© CHANEL
© CHANEL

シャネル(Chanel)が2020/21年秋冬 オートクチュール コレクションを発表。フォトグラファーのミカエル・ヤンソン(Mikael Jansson)が撮影したルックとムービーが公開された。

01 | 08

全部で30ルックからなるコレクションは、きらめきを放つ華やかさやジュエリーへの願望を表現している。

© CHANEL
© CHANEL

「私が想像したのは、夜明けに『ル パラス』から出てくるパンクなプリンセスでした。それは、タフタのドレスを纏い、ボリュームのあるヘアスタイルと、フェザーやたくさんのジュエリーを身に着けた女性。今回のコレクションは、ガブリエル・シャネルというよりもカール・ラガーフェルドからインスピレーションを得ています。カールならきっと非常に洗練されて、美しくドレスアップしながら、同時にどこかエキセントリックな魅力を放つ女性たちと一緒に『ル パラス』に繰り出したことでしょう」とヴィルジニー・ヴィアールは語る。

シャネルを代表するツイードは、スパンコールやストラス、ストーン、ビーズなどできらびやかに装飾があしらわれている。「ルサージュ」や「モンテックス」といったシャネルの刺繍を手がけるメティエダール アトリエをはじめ、花細工と羽根細工の「ルマリエ」や金銀細工とジュエリー加工の「ゴッサンス」などの技術を駆使して作り上げられた。

© CHANEL

19世紀の絵画から抜け出したような重厚なロングドレスやウエストを絞ったショートドレス、コローラスカートなども登場。

「私は確かに絵画をイメージしましたが、それはどちらかといえばドイツの絵画でした。まさにカールの世界を思って描いたのです」とヴィルジニー・ヴィアール。

© CHANEL

コレクションのカラーパレットはブラックやアンスラサイトグレーを基調に、フラッシュピンクが彩りを添える。

© CHANEL
© CHANEL

存在感のあるハイジュエリーとコーディネートされたスタイルも。

「私にとってオートクチュールは、その存在そのものがロマンティックです。これらのシルエットのひとつひとつに深い愛が込められています」とヴィルジニー・ヴィアールは語る。

2020年春夏 オートクチュール コレクションでは、ガブリエル・シャネルが幼少期を過ごしたオバジーヌの修道院からインスパイアされたスクールガール風のルック披露したが、今回は180度真逆のパンクなアティチュードが息づくコレクションに仕上がった。

「私は、このように前回とは正反対の方向性を打ち出すことが好きです。今回は複雑な洗練性というものを追求しました」

大胆に新しい表現でメゾンを更新していくヴィルジニー・ヴィアールのクリエーション。シャネルが誇るサヴォアフェールにも注目しながら、その世界に浸りたい。

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する