People / Post

カニエ・ウェストの「Yeezy」、スキンケアに進出か

©Bang Media International
©Bang Media International

カニエ・ウェスト(Kanye West)が手掛けるブランド「イージー(Yeezy)」が、ビューティー部門に進出するようだ。

スニーカー及びアパレルを展開する同ブランドだが、TMZによると最近カニエは、スキンケアやコスメアイテムに対し「Yeezy」の商標登録を申請、メイクやフェイスマスク、ネイルポリッシュ、シェービングクリーム、デオドラント、アロマセラピー枕などその商品は多岐に渡るという。

そんなカニエは最近、フォーブス誌から資産が12億6000万ドル(約1350億円)に達したとして「ビリオネア」の称号を獲得するも、自身の実際の資産は33億ドル(約3500億円)に上るとして、「10億ドルじゃない。フォーブスは誰も計算が出来ないようだけど33億ドルだ」と同誌に苦情を提出していたそうだ。

毎年恒例の同誌による世界億万長者番付が先日発表された際、妻キム・カーダシアンの義父妹であるカイリー・ジェンナーがランク入りしていたのに対し、カニエの名前は見当たらなかった。これを受けて、カニエが怒りを露わにしたため、同誌はイージーや株式などの資産合計を評価し、12億6000万ドルという金額を結論付けていた。

カニエから提出された財務記録には、不動産や音楽、ロイヤリティによる収入も記載されていたというが、フォーブス側は「無数の資産の非流動性と独立したバックアップの欠如」を理由に評価しなかったようだ。さらに同誌は住宅ローンなど1億ドル(約107億円)相当の負債があることも指摘していた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する