Fashion / Post

「ROPÉ ÉTERNEL」からサステナブルで心地よいプロダクトが発売

ジュングループが展開するのロペ(ROPÉ)のタイムレスなコレクションライン、ロペ エターナル(ROPÉ ÉTERNEL)が、サステナブルな取組みの一環として「FROM LEFTOVER FABRICS ♡OUR UPCYCLE PROJECT♡」を始動。生産過程でどうしてもでてしまう布の残りを、自社のアトリエで1点1点新たなプロダクトに生まれ変わらせる、アップサイクルプロジェクトだ。

01 | 09

プロジェクトの第一弾となる今回は、フォー ブドワール(For Boudoir)、フォー ショッピング(For Shopping)、フォー スリーピング(For Sleeping)、フォー コージー(For Cozy)の4テーマで展開。

「夫人の私室用」という意味のフォー ブドワールからは、一人の時間も豊かに過ごすことのできるアイテムが登場。英国のクルーニーレース(Cluny Lace)社製、コットンのリバーレースから、正方形のピロー、ポーチ付きショーツとシュシュが誕生した。クルーニーレースは、9世代続く世界最古のレースメーカー。ところどころにあしらわれたドットは、ほかには見られないクルーニー社特有のもの。エレガントで贅沢ながら、素材自体は綿100%なので自宅での手洗いも可能なのがうれしい。

ベルギー王室御用達のリネンブランド、リベコ(Libeco)社製のソファークロスからは、ショッピングをテーマにショッピングバッグ、ミニバッグ、ポーチがつくられた。リネン100%の生地はハリがありながらもソフトで、使うほどに馴染む。バッグは大小ともに内側にポケットや、斜めがけにできるショルダーストラップも施され、使い勝手も抜群。それぞれダークブラウン、ベージュ、ブルー、ピンクの4色を展開。

フォー スリーピングのテーマでは、ドビー織りの生地から長方形のピローと、大判のスロー、そしてケース付きのアイマスクが生まれた。エシカルな環境でつくられたエジプト・ギザ地方の綿糸を綿織物の産地、静岡・浜松の工場で丁寧に織り上げた生地は、フラットでかっちりした見た目ながらも、ふんわりとした手ざわりが特徴。心地よい眠りをサポートしてくれる。

大判で正方形のピローはフォー コージーがテーマ。ビンテージの生地にインスピレーションを得て兵庫・西脇の業で復刻したファーのような贅沢な手ざわりのパイル地と、やわらかなドビー織りの生地でつくられており、思わず抱きしめたくなる心地よさ。

そしてこのコレクションは製法だけでなく、ドネーションの意味でも環境に貢献。売上の50%は、モデルで環境活動家の小野りりあんが新たに設立した環境、社会問題にアクションしたい人のためのコミュニティ、ザ ルーツ(The Roots)に寄付される。

ジュングループの公式オンラインストア、J’aDoRe JUN ONLINEと、ROPÉアトレ恵比寿西館店にて販売中。こだわり抜いてつくられた生地へのリスペクトと、よりよい未来への希望が込められたスペシャルなコレクションをぜひ手に入れて。

ROPÉ ÉTERNEL
ロペ エターナル
「FROM LEFTOVER FABRICS ♡OUR UPCYCLE PROJECT♡ 」特設サイト
URL/rope-jp.com/rope_eternel/culture/20200605_vol29.html
Instagram/@rope_eternel

Text:Mariko Kimbara

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する