People / Post

ミランダ・カー、ロックダウン中はテニスボールが必需品!?

ミランダ・カー(Miranda Kerr)が自粛生活中にテニスボールでマッサージをしているという。

新型コロナウイルスによるパンデミックによりマッサージを受けに行くことが出来ない中、代わりにテニスボールを背中の下に入れ寝転がり、凝った筋肉をほぐしているという。

グラマー誌にミランダはこう話す。「たくさんのことを試している。気持ちを上げるのために何ができるかってね」「例えば、ただの思い付きだけど、テニスボールで床に転がり背中をマッサージする。パートナーがしてくれない限り、ほかの人にやってもらうことが今はできないから。こんなルーティンやちょっとした儀式で気分が良くなるのよ」

そして早起きした後にはヨガをするのが日課だそうで、「夫は今も毎日朝5時半、週末は6時半に起床する。私は子供が起きるまで少なくとも1時間はあるから、瞑想とヨガをする」「自分ひとりの時間があるわ。朝5時半に起きた後の1時間ぐらい。子供たちは7時まで寝てる時もあるから、時には1時間半ね」と続けていた。

そんなミランダは自身のビューティールーティンについて以前こう話していた。「ビタミンCのセラム。匂いが最高なの。あと首のマッサージを忘れちゃだめ。フェイスオイルやモイスチャライザーを使ってマッサージする。リンパ液を排出するように上に向かってね」「あとまつ毛のエクステをしていてこれは本当に時間の節約になるし最高。チークをちょっと重めにすると、より目が覚めたように感じるの」

 

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する