People / Post

ミラ・ジョヴォヴィッチの娘、実写版『ピーター・パン』でウェンディー役へ

©Bang Media International
©Bang Media International

エヴァー・アンダーソン(Ever Anderson)が、ディズニーの名作アニメ『ピーター・パン』の実写版リメイク作品で、ウェンディー役を演じる。

ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督の娘であるエヴァーは、ピーター・パン役のアレクサンダー・モロニーと新作『ピーター・パン&ウェンディー』で共演する。

デヴィッド・ロウリーが監督並びにトビー・ハルブルックスと脚本の共同執筆を担い、ジム・ウィテカーが製作する同作品は、実写版『わんわん物語』と同様にディズニー・プラスでリリースされるという噂が浮上していたが、関係者によると同新作は劇場公開へ向けて製作されるという。

これまでにスティーブン・スピルバーグ監督ロビン・ウィリアムズ主演の1991年作品『フック』など、大人にならない男の子ピーター・パンが子供達をネバーランドへ連れてゆくというJ・M・バリーの小説を原作に多くの作品が作られてきたが、「ピーター・パン」作品としては、ディズニーの1953年作品が未だ最も成功を収めたものとなっている。

ディズニーはこのところ、『アラジン』など自社のアニメ作品を実写化した作品で成功を収めており、今年には実写版『ムーラン』の公開を控えているほか、現在『アラジン』続編や『美女と野獣』の前日譚となる実写版の製作にも入っている。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する