Fashion / Post

Mame Kurogouchi初の直営店が羽根木にオープン

Photo:Ichiro Mishima
Photo:Ichiro Mishima

3月6日(金)、Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ:以下 マメ)が初の直営店をオープンする。東京・羽根木(世田谷区)の閑静な住宅街で彼女たちがアトリエを構える場所からすぐに位置する、とても小さなお店になるのだという。

しかも当面の営業は毎週2日のみ。マメの服がそうであるように、きっと誰かにとっての「金曜日と土曜日だけの大切な場所」になっていくのだろうと予感させる。オープン前日の公式インスタグラムでの発表時に投稿されたコメントも実にマメらしかった。

この投稿をInstagramで見る

明日、私達のアトリエ近くの羽根木に小さな小さなお店がオープン致します。きっと、来たらびっくりすると思います。小さすぎておそらく2人くらいしか入れません。まめサイズです。小さすぎて商品も全部置けません。毎週、その時あるものを私達が選んで少しづつ店頭でご紹介できたらと思っています。小さなスペースなので特にオープニングパーティーもありません。いらして頂いた時にお待たせしてしまうこともあるかと思います。そんな時は近くで珈琲を飲んだり、お散歩したり、誰かにお花を買ったりして待ち時間をゆっくり楽しんでもらえたら嬉しいです。小さなお店ですがこの羽根木という静かな住宅街にある街全体の中でこの場所を感じてもらえたら嬉しいです。 明日のオープンには黒河内は同席できませんが、たまには周りをうろうろしているかもしれません。その時には皆様とご挨拶できたら嬉しいです。まずは週2日の営業ですが、ゆっくりゆるやかに、私達の洋服と共に愛してもらえる場所となる事を願っています。 そしてこの場所を作ってくださった柳原さん、TANK柴田さん、依木さん、現場施工の職人の方々、応援してくださった羽根木の皆様に心よりお礼を申し上げます。 Mame Kurogouchi 一同

Mame Kurogouchi(@mamekurogouchi)がシェアした投稿 –

ブランド創設から十年という区切りの年。2月24日にはパリコレ開幕と同時に堂々たる2020年秋冬コレクションを発表したばかりだが、黒河内 真衣子はずっと変わらず地に足をつけて、真摯に服作りと向き合い、マメらしい表現を追求しながら、ゆっくりと進化し続けている。

だからこそ、満を持しての開店にはいっそう期待が高まってしまう。マメのお店を訪れるために向かう羽根木の街で、あなたはどんな時間を過ごすことになるのだろう。お楽しみに!

Mame Kurogouchi Hanegi
所在地/東京都世田谷区代田4-10-20
開店日/2020年3月6日(金) 12:00〜19:00
営業日/金・土 (週2日) 日〜木は休業
www.mamekurogouchi.com/

Text:Chiho Inoue

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する