People / Post

グウェン・ステファニー、90年代のファッションは一人の少女のおかげ!?

©Bang Media International
©Bang Media International

グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)の90年代のアイコニックなスタイルは、ある一人の少女によって作り上げられたものだったという。

当時、グウェンは大胆な髪の色、パンクチェーン、大きなプリント、特徴的な赤い口紅で知られていたが、スカパンクバンド、ノー・ダウトのフロントとしてツアー中スタイリストはおらず、代わりにその少女に全身コーディネートしたものを送ってもらっていたそうだ。

グウェンは、Vogue.co.ukとのインタビューでこう振り返った。「その当時は意図的にその見た目を作ったわけじゃないの」「ツアーでは、スタイリストがいなかった。でも、(ブランド商品などの安価な)コピー品風の見た目を仕立ててくれそうな女の子がいて。彼女はダウンタウンに行って生地を見つけ出し、番号の付いた紙をホッチキスで留めて、カーゴパンツを作ってくれたの。私は『黄色のボンデージパンツが欲しいわ。それを切り取って』って。それで、ツアー中に彼女はそれをフェデックスで送ってくれて。だから、これらの衣装が、時の試練に耐えてきたのは信じられないことよ。象徴的ね」

そんなグウェンは、元夫のギャヴィン・ロスデイルとの間に二人の子供をもち、長男のキングストン君(14)が母親のキャリアに興味を持っていることを明かしつつ、自身のファッションを振り返り、多くの要素が今日でもトレンドになっていることに気づいたという。

一方、グウェンのスタイリストであるソーニャ・クリスチャンセンは最近、グウェンは長年にわたりスタイルを進化し続け、「女性的な側面と象徴的なおてんば娘のスタイル」を受け入れつつ、リスクを冒すことを決して恐れないと話していた。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する