Art / Post

「やんばるアートフェスティバル」 今年も開幕、いざ沖縄へ!

塩屋小学校体育館
塩屋小学校体育館

現代アートや伝統工芸を巡りながら、沖縄本島北部地域「やんばる」の魅力を体感・体験できる、地域芸術祭「やんばるアートフェスティバル」が開催中。会期は2020 年1 月13 日(月・祝)まで。

西野達『忘れようたって 忘れられない』
西野達『忘れようたって 忘れられない』

今年で第3回目を迎える「やんばるアートフェスティバル」。沖縄県大宜味村を中心に、周辺市町村の国頭村、本部町、名護市などでアート作品の展示や関連イベントが行われている。昨年は会期中に国内外から約7 万人が訪れ、アートを通して「やんばる」の原風景を体験。やんばる地区は2016 年に国立公園に指定され、手つかずの自然とヤンバルクイナなどの希少動物の宝庫という豊かな魅力を放っている。

谷本研+中村裕太
谷本研+中村裕太

総合ディレクターには、沖縄県在住の写真家/アートディレクターの仲程長治を迎え、現代アートが一同に会すエキシビション部門と、沖縄県内の工房から厳選された、職人による伝統工芸品を展示販売するクラフト部門を展開。

NIKUGUSOTARO(野性爆弾くっきー!)『キジムナーと肉屋敷』
NIKUGUSOTARO(野性爆弾くっきー!)『キジムナーと肉屋敷』

国内外のアーティストと直接触れ合えるワークショップやパフォーマンス、やんばるアートフェスならではのフードなど、多数のイベントも開催。詳細は公式サイトをチェック。「やんばる」の大自然とアート、工芸や文化、食……色とりどりの魅力あふれるめくるめく体験へ、ぜひ足を運んでみよう!

「やんばるアートフェスティバル 2019-2020 山原黄金之杜(やんばるくがにぬむい)」

会期/開催中~2020 年1 月13 日(月・祝)

会場/沖縄本島 北部地域
大宜味村立旧塩屋小学校、大宜味村役場旧庁舎、オクマ プライベートビーチ & リゾート、辺土名商店街・ひかり医院跡、YANBARU HOSTEL、国営沖縄記念公園、カヌチャリゾート、名護市民会館前アグー像ほか
時間/大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティセンター) 11:00~17:00

※夜間イベント開催時は営業時間が異なる
休館日/毎火
※1月1日、1月2日
URL/yambaru-artfes.jp

Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する