Culture / Post

ビジネスホテルをリノベーションした新タイプのホテル、DDD HOTELがオープン。

東京の馬喰町に、創業37年の老舗ビジネスホテルをフルリノベーションしたホテルが誕生。このホテルは、ファッションやカルチャーを感じる工夫が随所に見られ、東京の新たなスポットとして注目されることは間違いなさそうだ。

まず、いわゆるビジネスホテルのイメージを覆す、シンプルで洗練された内装に注目してほしい。日が贅沢に差し込むエントラスは海外のホテルさながらの洗練された雰囲気が漂い、客室はコンパクトで深いグリーンを基調としたクリーンな空間。内装デザインは、Aesop(イソップ)の店舗デザインでも知られる、「ケース・リアル」の空間デザイナー、二俣公一が手がけた。スタッフのユニフォームは、気鋭のデザイナーブランド「AKIKOAOKI(アキコアオキ)」によるもの。こちらもDDD HOTEL(ディーディーディー ホテル)のユニークなコンセプトの打ち出しに、一役買っている。

客室は、ミニマルながら必要なものや設備が高いクオリティで揃う。DDD HOTELのためにオーダメイドしたベッドと高品質な寝具、センシティブケアを掲げる、「Aid」によるラグジュアリーなアメニティ、フランスの老舗タオルブランド「Decamps」のタオル、サロン仕様の「Nobby by Tescom」のヘアドライヤーなど。細部にこだわり抜いた設備が、一夜限りの滞在でも満足感を高めるという。あえてテレビは設置せず、休息や安眠に不必要なものは省いている計らいもにくい。ルームウェアはデザインレーベル「HATRA」が担当。衣服設計にこだわりゆったりとしたデザインは、快適な滞在を後押し。荷物が少なく済むのも嬉しい。

その他にも、アートギャラリー「PARCEL」が併設され、国内外の現代アーティストの作品を展示。元立体駐車場を改築した高い天井の空間は、今後プロジェクトスペースとしても運用されるという。オープンに合わせて、東京を拠点に活動するアーティスト、角田 純の個展をお披露目する。今後も開催される企画展には、アートコーディネーションは佐藤 拓が携わり、イベントやエキシビジョンを開催する予定だ。

さらに、新たな取り組みとしてミシュラン2つ星を最年少で獲得したシェフ、厚東 創をディレクターに迎え、実験的キッチン空間を設けている。フランス料理をベースに、シェフやパティシエがフランス料理を学び研究する場として、ディナーイベントの他、ケータリングやフードアートなどの活動を不定期に行なう予定だという。

館内には、バリスタが丁寧に入れたコーヒーを提供するカフェ&バー「abno」も併設されている。ステイせずとも近くに立ち寄った際は、コーヒーを楽しむにも良さそうだ。

「DDD HOTEL」
住所/東京都中央区日本橋馬喰町2-2-1
TEL/03-3668-0840
https://dddhotel.jp

Text:Aika Kawada

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する