People / Post

キーラ・ナイトレイ、ヌードシーンは拒否

©Bang Media International
©Bang Media International

キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)はヌードシーンを断っているそうだ。日本では劇場未公開の『モーガン夫人の秘密』ではヌードシーンのために、代役をたてたという。

OK!誌にキーラはこう話す。「私、ヌードシーンはしないの。『モーガン夫人の秘密』では代役を使ったんだけど、私がその代役を選んだし、セックスシーンの最終承認も私がした」「ヌードのシーンが撮影されている間、私は外で紅茶片手にスコーンを食べていたの。だって私は裸にならなくてよかったから」

また、新作『オフィシャル・シークレッツ』で実在した英GCHQ職員であるキャサリン・ガン役を演じたキーラだが、役を受ける前にガンという女性について知らなかったとデイリー・メール紙に明かしている。「キャサリン・ガンという人について何も知らなかったけど、歴史的に見てとても興味深い人物よね。実際に本人に会ったけど、素晴らしい人だった」

さらに、本作のために北京語を学ばなければならず、かなり苦労したとも続けている。「何度も何度もリスニングをしたの。現場のみんなは本当にイライラしたと思うわ。だって私が1000万回くらい聞きなおしていたからね」「最初はかなり自信過剰だったわね。できると思ったんだけど。でも自分が話しているのを聞いたら、英語にはないトーンの違いがあるって気づいたの」

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する