People / Post

シャロン・ストーン「私の身体が前よりもずっと好き」

©Bang Media International
©Bang Media International

シャロン・ストーン(Sharon Stone)は、以前よりも自身の体を愛しているという。ピラティスで美しいボディーラインを維持しているシャロンは、外見で判断され続けてきた日々を経て今、自身の体に感謝できるようになったと認める。

女優デビュー以前にはモデルとしても活動していたシャロンは、アルーア誌の最新号でこう話している。「私の身体が前よりもずっと好きよ」「私の身体にとても感謝しているの」「若かった頃は、皆に私の身体についてああだこうだ言われたけどね」

また1992年作品『氷の微笑』ではキャサリン・トラメル役を演じ一躍有名となったシャロンだが、撮影では毎日メイクを厚塗りされ自身の要望を取り入れられることはなかったという。

そんなシャロンは、苦労続きだった40代が一番輝いていると感じていたそうだ。元夫フィル・ブロンスタインとの間にロアン(19)、レアード(14)、クイン(13)と養子縁組した3人の息子がいるシャロンは、2004年にブロンスタインとの離婚が成立したものの長男ロアンくんは父親と住むべきという判決により訪問権だけを取得したほか、クモ膜下出血により住宅ローンも組み直す必要があったという。

「私の40代はとても美しかったわ」「ハリウッドでは、女性は40歳になったら仕事を貰えないので、働けなかった」「そして美しい3人の小さな男の子達の母親だった」「私はクモ膜下出血の療養中だったし、長男の親権を巡り裁判中だった」「でも、これらの挑戦があったあの時期は、何か素晴らしいものがあったのよ」「私にとって最大の転換期だった。でも私が一番美しい時期だと感じていたわ」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する